もっと知りたい 認定こども園・保育園等あれこれ

最終更新日 2021年8月11日

情報発信元 子ども福祉課

PAGE-ID:278

延長保育

認定こども園幼稚部のお子さんは教育標準時間の認定を、認定こども園保育部や保育園、小規模保育事業所のお子さんは保育短時間又は保育標準時間の認定を行い、その時間を超えた保育については、幼稚部の場合は一時預かりとして、保育部や保育園、小規模保育事業所の場合は延長保育として、開園時間の範囲内でお子さんの保育を有料で行います。

延長時間や延長料金は施設によって異なりますので、各施設にお問い合わせください。


認定こども園・保育園等一覧へ

 

土曜保育

認定こども園保育部・保育園・小規模保育事業所は、原則として土曜日も開所し、土曜日も就労により家庭での保育ができないお子さんをお預かりします。
職員を確保した上で、土曜保育を実施していますので、通われている施設で土曜保育の希望調査などがありましたら、忘れずにお申込みください。

なお、公立園では、4か所の拠点を設けて土曜保育を行っています 。
このように拠点園にて実施する場合もあります。各施設での実施状況はこちらをご覧ください。 →土曜保育実施状況一覧はこちら
詳しくは各施設にお問い合わせください。

同居や近居のご家族により保育が可能な場合は、ご家庭での保育にご協力をお願いします。

休日保育

認定こども園保育部や保育園、小規模保育事業所が休所となる日曜や祝日に、保護者の就労等で家庭での保育ができないお子さんをお預かりします。
越前市では、認定こども園あわたべで実施しています。
事前のお申込みが必要です。(認定こども園あわたべ 電話0778-42-0493)

休日保育の対象 利用料金

市内の認定こども園保育部・ 保育園・小規模保育事業所に保護者の就労のため入所するお子さんが、保護者が日曜・祝日も就労していて常態的に保育が必要な場合

無料
市内の認定こども園保育部・ 保育園・小規模保育事業所に保護者の就労のため入所するお子さんが、保護者の出張等により単発で日曜・祝日に保育が必要な場合 無料
市内の認定こども園保育部・ 保育園・小規模保育事業所に保護者の就労のため入所するお子さんが、冠婚葬祭など就労以外の理由で日曜・祝日に保育が必要な場合 1日 3,500円

一時預かり

市内に住所があり、認定こども園・保育園・小規模保育事業所や幼稚園に入園せず家庭で保育されているお子さんについて、保護者の仕事・病気・冠婚葬祭また私的な理由で一時的に家庭での保育が困難となる時に、市内の認定こども園・保育園にて、通常の開所時間の範囲内で一時的にお預かりします。
申込については、各施設で受け付けていますが、一日の利用数に限りがありますので、必ず事前に予約をしてください。

料金表
3歳未満児 1日 3,000円 半日 1,500円
3歳以上児 1日 2,000円 半日 1,000円

認定こども園幼稚部(1号認定)のお子さんで、保護者の都合などにより降園後家庭での保育が困難な場合は、通常の教育時間を超えてお預かりします。
この場合、利用時間や利用料金は、上記の料金表とは異なります。

また、認定こども園・保育園以外でも一時預かりを実施している事業所があります。
詳しくは、こちらのページ→すみずみ子育てサポート事業をご覧ください。

障害児保育

現在多くの認定こども園・保育園で障がいのあるお子さんをお預かりしており、障がいのある子もない子も、仲間としてさまざまな経験を重ねながらいっしょに成長しています。
認定こども園や保育園では、主治医や看護師、市の担当保健師等が連携をとりながらお子さんをフォローしています。

外国籍児保育

越前市には多くの外国籍児がいますが、日本人と同じようにお預かりします。
特に多いブラジル人の親子のため、ポルトガル語を話せる職員を、ブラジル人のお子さんがいる認定こども園・保育園に配置し、言葉や生活習慣の違いなどから起こるさまざまな問題に対応しています。

放課後児童クラブ(学童保育)

毎日、放課後に子どもだけで留守番しなければならない家庭のため、放課後に小学生をお預かりします。
詳しくは、学童保育を参照してください。
放課後児童クラブ(学童保育)はこちら

育児相談・親子教室

各認定こども園・保育園では、育児の悩みや不安などの相談に応じています。
また、園の開放日を設けて親子遊びなどを実施し、在宅親子の育児支援をしています。

認定こども園・保育園等一覧

認定こども園・保育園等Q&A

認定こども園・保育園等の入園について

 

情報発信元

市民福祉部 子ども福祉課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)