5月17日は「多様な性にYESの日」です!

最終更新日 2021年5月14日

情報発信元 市民協働課

PAGE-ID:9758

5月17日は「多様な性にYESの日」です!

5月17日は、「LGBT嫌悪に反対する国際デー(International Day Against Homophobia, Transphobia and Biphobia)」(IDAHO)として国際的に知られている記念日です。
日本では2014年から日本記念日協会によって、公式に「多様な性にYESの日」として認定されています。 

3

 

なぜ5月17日なの?

きっかけは、1990年5月17日にWHO(世界保健機関)の精神疾患のリストから同性愛が削除されたことによります。「この日を同性愛差別に反対するきっかけとしよう」とフランスの活動家が呼びかけて、国際的な記念日として世界中に広まりました。

異性を好きな人も、同性を好きな人も、生まれた時の性別とは異なる生き方をしている人も、このまちに一緒に生きています。

展示を通して、性の多様性に関する問題を身近なとこととして考えてみませんか?

1 2

期間中に男女共同参画センターでの展示をご覧になったり、ツリーをレインボーに飾りつけしていただいたかたに素敵なグッズをを差し上げます。是非ご参加ください。

展示場所

市民プラザたけふ内(アルプラザ武生3階)
 コワーキングスペース
 てんぐちゃん広場前
 越前市男女共同参画センター

展示期間

2021年5月13日(木)~5月31日(月)
※越前市男女共同参画センターは月曜・第3日曜日休館です。

展示内容

・多様な性にYESに関する全国からのメッセージ(やっぱ愛ダホ idaho-net

・保護者向けリーフレット「LGBTってなんやろか?」(大阪市淀川区作成)

・「あなたらしく自分らしく~多様な性にYES!!~」(NPO法人丹南市民自治研究センター作成)

多様な性に関する書籍(越前市男女共同参画センター内)

関連リンク

5月17日は多様な性にYESの日(外部ページ)

LGBT、多様な性について

人権週間

情報発信元

総務部 市民協働課ダイバーシティ推進室

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)