意思疎通支援事業(手話通訳員・要約筆記員の派遣)

最終更新日 2020年12月11日

情報発信元 社会福祉課

PAGE-ID:1464

日常生活を営む上で円滑な意思疎通の支援を必要とする障がい者等に対し、必要な範囲で手話通訳員または要約筆記員を派遣することができます。

 対象者

市内に居住する聴覚障がい者、音声または言語機能障がい者

対象となるもの

日常生活および社会生活を営むために必要なもの
(例:病院での治療のための説明、公的機関での手続き、地域活動への参加、冠婚葬祭など)

以下の場合は、派遣できません。

  • 社会通念上適切でない場合
  • 公共の福祉に反する場合
  • 宗教的行為また特定の政治活動に関する場合

派遣範囲

福井県内(県外の場合は、事前にご相談ください。)

利用者負担

無料(公費で負担します。)

ただし、移動の際の交通費は利用者負担となります。また、飲食を伴う場合の意思疎通支援者に対する費用も利用者負担となります。

派遣手続き

  1. 派遣を希望される日までに、本庁1階 社会福祉課 9番窓口に申請書をご提出ください。なお、FAXでの申請も可能です。
    手話通訳員等との調整を行うため、早めの申請をお願いいたします。
  2. 申請を受けたあと、市に登録してある手話通訳員等との調整を行い、申請者へ派遣決定通知を送付します。
  3. 派遣業務終了後、手話奉仕員等からの業務報告書の提出を受け、市が手話奉仕員等へ謝礼を支払います。

申請書様式

申請書(様式)(ワード形式 20キロバイト)   申請書(様式)(PDF形式 57キロバイト)

情報発信元

市民福祉部 社会福祉課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)