越前市人材育成基本方針

最終更新日 2020年11月16日

情報発信元 行政管理課

PAGE-ID:9476

越前市人材育成基本方針

本方針の目的

本市では「越前市総合計画」において、自立と協働の基本理念のもと、目標とする将来像に「元気な自立都市 越前」を掲げ、その実現に向けた柱の一つとして地方分権に対応した行財政運営を進めています。

本方針では、この将来像を実現し、市民に信頼され、地域のために高い成果を上げる活力ある組織を目指して、それを担う職員像と職員の育成等についてその方向性を明らかにします。

方針の改定について ~背景と課題~

平成1 7 年1 0 月に旧武生市と旧今立町の合併により誕生した本市では、時代の変化に対応できる職員の育成を目指して平成1 8 年1 2 月に「越前市人材育成基本方針」を策定し、平成2 2 年及び平成2 6 年に改定を行いました。

しかし、前回の改定から6 年が経過し、この間、地方自治体を取り巻く環境が大きく変化し、複雑化しています。特に、本市においては、経験豊富な職員の大量退職により、若年層の割合が急増し、職員の年齢構成が大きく変化しました。こうした変化に対応するため、これまで以上に職員力・組織力の向上が求められており、また、職員一人ひとりが能力を発揮できる職場環境づくりが課題となっています。

このため、職員が持てる力を最大限に発揮し、高度化・多様化する行政課題に対応できる人材を育成するための方向性や取組を示すため、前方針を受け継ぎつつ、さらに将来を見据えた人材育成に資するものとして、人材育成推進の基本方向である「人事管理」、「人事評価」、「職員研修」、「職場環境」の4 つの方向性を軸に基本方針を令和2年3月に改定しました。

 

越前市人材育成基本方針(R2.3改定版)(PDF形式 474キロバイト)

情報発信元

総務部 行政管理課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)