文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

平成28年 越前市10大ニュース

更新日 2017年2月23日 情報発信元:越前市

新庁舎建設など中心市街地活性化の取組み加速(通年)

立体駐車場
立体駐車場

本庁舎の建設や武生中央公園の再整備などを位置付けて策定した第3期市中心市街地活性化基本計画が、11月29日に内閣総理大臣の認定を受けました。
本庁舎の建設に向けては、立体駐車場が完成して10月17日から来庁者の駐車場として供用を開始しました。また、武生東公民館が旧武生東幼稚園及び武生東小学校北校舎の1階へ移転し、10月1日に開館式が行われました。
本庁舎は平成29年3月に実施設計を策定し、秋に着工を予定しています。
なお、今立総合支所が入居する複合施設の建設については、11月1日から今立ふれあいプラザの解体工事が始まり、市東部地域の防災・コミュニティ等の拠点施設として、平成30年8月末の完成に向け、平成29年春の着工を予定しています。

かこさとし氏の監修で武生中央公園の再整備始まる(通年)

武生中央公園の正面エントランス

武生中央公園の正面エントランス 

武生中央公園については、越前市出身の絵本作家・かこさとし氏の監修により、市民の広場などの整備を行っており、第65回たけふ菊人形の開幕を前に、9月22日に正面エントランスの供用を開始しました。
引き続き、かこ氏の作品のモチーフを大型複合遊具や植栽、せせらぎ等に演出し、子育てに関わる豊かな文化を親子がともに体験し学ぶ場として、平成29年8月の完成を目指して市民の広場を整備しています。
併せて、武生中央公園再整備のシンボルにするため、3月に、かこ氏から寄贈いただいた絵画を文化センター西側の壁面に壁画化することとし、11月からクラウドファンディングで寄付を募っています。
なお、武生中央公園にある中央図書館が開館10周年を迎えるとともに、かこさとしふるさと絵本館「石石」は5月に来場者が10万人を突破しました。

福井国体に向け、スポーツ施設が充実(通年)

武生特殊鋼材ドリームサッカー場

武生特殊鋼材ドリームサッカー場
平成30年に開かれる「福井しあわせ元気国体・福井しあわせ元気大会」に向け、現在、スポーツ施設の整備を図っています。
フェンシングの会場となる武生中央公園体育館は、昨年8月19日に起工式を行い、平成29年8月の完成を目指して改築工事を進めています。
ソフトテニスの会場となる武生中央公園庭球場では、人工芝への改修や観覧席の上屋を整備し、4月10日にリニューアル記念式を実施しました。
ソフトボールの会場となる武生東運動公園ソフトボール場も、平成29年3月の完成を目指して改修工事を進めています。
武生中央公園の再整備に伴い、瓜生水と緑公園の北側に整備した市サッカー場は、本市初のネーミングライツ(命名権)を導入して「武生特殊鋼材ドリームサッカー場」と命名され、4月29日にオープンしました。

市総合戦略の取組みスタート(通年)

誕生記念カード
誕生記念カード

人口減少対策として昨年11月に策定した、市総合戦略の取組みが始まりました。
「女性が輝くモノづくりのまち ~子育て・教育環境日本一~ 」を目指し、生産年齢人口世代の居住促進として、4月から住宅関連施策を強化するとともに、「越前市住まい情報バンク(おうちナビ)」の運用を開始しました。
女性の雇用と起業に対する支援として、女性のための創業支援セミナーを開講し、修了生を中心とした女性創業者の会「紫姫舞会」が11月に設立されました。
子育て環境の整備としては、安曇野ちひろ美術館や越前市ふるさと大使の俵万智氏にご協力いただき、本市に生まれた赤ちゃんに12月15日から、越前市オリジナルの誕生記念カード「わたしたちの赤ちゃんへ、ちひろのおくりもの」を贈っています。

「モノづくり都市 越前市」の躍進続く(通年)

伝統工芸品

第33回伝統的工芸品月間国民会議全国大会
4月に発表された平成26年の越前市の製造品出荷額等は4,736億円で、本県の25%余りを占めています。
市では、昨年10月の市産業活性化プランの改定を受け、さらなる産業振興を目指して、企業立地促進補助金の支援対象と限度額の拡充はもとより、市総合戦略の「女性が輝くモノづくりのまち」に向け、新たに女性エンジニア採用への奨励金や女性雇用の促進に資する企業内環境整備に対する支援策などを設け、引き続き県内トップクラスの企業立地促進補助金制度としました。
伝統産業の振興については、越前市工芸の里構想に基づき、産地振興や産業観光による地域活性化に取り組む中、11月にサンドーム福井で「第33回伝統的工芸品月間国民会議全国大会福井大会」が開かれました。
また、越前和紙では、紙の文化博物館の平成29年4月の1階部分、同年秋の全館リニューアルオープンに向け、改修が進んでいます。
越前打刃物では、打刃物拠点施設を平成29年度に整備するために実施設計を進めており、歴史に育まれた技術の保存・伝承に向け、産地との協議を進めています。
越前箪笥では、越前指物組合が10月にタンス町通りに事務所を設置し、今後、展示場も開設する予定です。

交流人口の拡大に向け、観光スポットを整備(通年)

修復された紫式部像

修復された紫式部像

4月21日に「ちひろの生まれた家」記念館に新しい展示室がオープンし、年4回の企画展を行うなど、平成30年の「いわさきちひろ生誕百年」に向け、市観光協会と連携した事業を展開しています。
また、紫式部公園の開園30周年を記念して紫式部像の修復工事を行い、9月3日に金色に輝く式部像の除幕式を行いました。
10月6日から11月6日まで開催された「第65回たけふ菊人形」は、武生中央公園の再整備に合わせ、菊人形や菊花の展示、土産物販売所の位置などを変更するとともに、OSK日本歌劇団のレビューショーを文化センター大ホールで開催し、9万人余りが来場しました。
越前和紙職人を主人公とした映画「つむぐもの」が全国で公開され、五箇地区など市内がロケ地となりました。

地域福祉の新たな取組み始まる(通年)

「いきいきふれあいのつどい」の様子

「いきいきふれあいのつどい」の様子
高齢者福祉については、介護保険制度の改正に伴い、住民主体の支え合いによる介護予防事業が求められる中、市では「いきいきふれあいのつどい」の実施回数や参加者の一層の増加を目指し、交付金による助成を4月から開始しました。また、10月からは介護予防の推進役を担う、地域支え合い推進員の活動が各地区で始まりました。
地域福祉の要となる民生委員・児童委員の改選が行われ、今期から10人の定数増員が図られ、12月1日に191人が厚生労働大臣の委嘱を受けました。
食生活の改善を通して市民の健康づくりに取り組む越前市食生活改善推進員会が6月11日に県内で初めて、食育推進ボランティアの農林水産大臣表彰を受賞しました。

市の鳥「コウノトリ」が相次ぎ飛来(通年)

コウノトリ放鳥式典

コウノトリ放鳥式典
白山地区で5月30日に誕生し、ケージ内で飼育されていたコウノトリの「たからくん」と「さきちゃん」が、9月25日に坂口地区で放鳥されました。昨年に続き、越前市で2度目の放鳥です。
3月25日に飛来した「みほとくん」は11月12日まで、233日間にわって白山地区に滞在し、平成22年の「えっちゃん」の越前市での滞在日数を上回り、最長記録となりました。
4月29日に飛来した「ゆきちゃん」は引き続き白山地区に滞在を続けており、本市での滞在日数の最長記録を12月18日に更新しました。
11月には新たに5羽のコウノトリが白山地区に飛来し、滞在しました。
なお、「みほとくん」と「ゆきちゃん」は、「ゆうきくん」のケージの上に営巣を行いました。

小倉百人一首競技かるた 川﨑文義名人が誕生(1月)

川﨑名人

花束を手渡される川﨑名人

小倉百人一首競技かるたの日本一を決める第62期名人位決定戦が1月9日に行われ、越前市の川﨑文義八段が名人位を獲得し、福井県勢初の快挙を成し遂げました。
市 では1月31日に、川﨑文義名人に「越前市市民スポーツ文化特別賞」を授与しました。
11月には、越前市の三好輝明八段が次期名人位戦の挑戦者決定戦を制し、平成29年1月7日の名人位決定戦は、越前市勢同士の対決となることが決定しました。
「かるた王国 越前市」の名声を県内外に高めた1年でした。

リオデジャネイロオリンピックで見延和靖選手と佐藤希望選手が入賞(8月)

見延和靖選手と佐藤希望選手

見延和靖選手と佐藤希望選手

8月に開かれたリオデジャネイロオリンピックのフェンシング・エペ種目に、越前市出身の見延和靖選手と佐藤希望選手が出場し、6位入賞と8位入賞に輝きました。
2人の活躍を願い、越前市では6月26日に壮行会と激励会を開催し、7月の学校給食にはオリンピック開催国のブラジル料理を出すとともに、試合当日にパブリックビューイングを開催し、両選手に熱いエールを送りました。
10月1日の「越前市ふるさとの日」には、オリンピックでの活躍を讃え、両選手に「越前市市民栄誉賞」を授与しました。
なお、昨年11月にエストニアで開かれたフェンシング男子エペワールドカップ個人戦で、日本人初の優勝を果たした見延和靖選手に、1月4日に「越前市市民スポーツ文化大賞」を授与しました。

過去の越前市10大ニュース 

平成27年 10大ニュース

平成26年 10大ニュース

平成25年 10大ニュース

平成24年 10大ニュース

平成23年 10大ニュース

平成22年 10大ニュース

平成21年 10大ニュース

平成20年 10大ニュース

平成19年 10大ニュース

平成18年 10大ニュース

平成17年 10大ニュース

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元: 越前市    越前市トップページへ戻る

電話: 0778-22-3000 ファックス: 0778-24-3307
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: koutyou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)