文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

平成17年 越前市10大ニュース

更新日 2017年2月22日 情報発信元:越前市

県立南越養護学校が開校(4月)

校舎は、県産の杉を使用した木造校舎で、木のぬくもりが身体と心にやさしい学校です。

4月7日に開校式が行われ、63人の児童生徒が新しい生活をスタートさせました。

南越消防組合本部・中消防署庁舎が完成、市防災施設を設置(4月)

南越消防組合消防本部・中消防署の新庁舎が、4月28日千福町に完成しました。新庁舎には、災害対策の拠点となり、防災意識を啓発するための市の防災施設も設置しました。
また、同組合の高橋知子消防副士長が、消防吏員として県内初の女性救命士となりました。

産学官で地域連携協定を締結(5月)

5月10日に福井工業高等専門学校と武生市、鯖江市、今立町、地元の経済団体との間で地域連携協定を締結しました。地場産業や伝統産業の共同研究など、幅広い分野での産学官の連携により、地域活性化を推進します。

武生市閉市式、今立町閉町式を開催(9月)

合併により、閉市・閉町となることに伴い、9月24日、25日に各々で式典を行いました。

また、9月30日には、両市町で多くの参加者のもと、カウントダウンイベントを開催し、新市誕生を祝いました。

武生市・今立町が合併し、越前市が誕生(10月)

平成16年2月に武生市・今立町合併協議際が発足して以来、20回の協議を重ね、平成17年10月1日に越前市が誕生しました。

越前市になり、初めての国勢調査(10月)

10月1日を基準日として、越前市になって初めての国勢調査が行われました。
越前市の人口は、87,742人、世帯数は27,909世帯となりました。

初代越前市長に奈良俊幸氏が当選、越前市議会初代議長に片粕正二郎氏が選出(10月、11月)

越前市で始めての市長選挙が行われ。初代市町に奈良俊幸氏が当選しました。
また、越前市議会初代議長には、片粕正二郎氏が選ばれました。

20回国民文化祭ふくい2005が開催(10月)

本県が開催県となり10月22日~11月3日までの13日間、開催されました。
市内は、和紙文化フェスティバル・合唱・源氏物語フェスティバル・演劇・連句と多彩なイベントで盛り上がりました。

「安全・安心都市」、「男女共同参画都市」を宣言(12月)

越前市を「安心・安心都市」と位置づけ、安全で安心なまちづくり運動を協力に推進することを宣言しました。
また、男女が、それぞれの個性や能力を発揮できる社会を実現するため、「男女共同参画都市」を宣言しました。

北陸新幹線・南越-敦賀間の工事実施計画が認可申請される(12月)

平成16年末の政府与党申し合わせ基づき、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が国土交通大臣に認可申請を行いました。
工事延長は約30キロメートルで、総工事費は約1900億円です。
着工まであと一歩と大きく前進したことになります。

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元: 越前市    越前市トップページへ戻る

電話: 0778-22-3000 ファックス: 0778-24-3307
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: koutyou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)