水道事業等経営戦略を策定しました

最終更新日 2022年3月30日

情報発信元 水道課

PAGE-ID:9674

策定の目的

近年、人口減少や節水機器の普及などにより水需要は年々減少し続けています。その一方で、高度経済成長期等に整備した管路や水道施設は老朽化が進み、更新や耐震化に多大な費用が必要となることから、今後の経営はますます厳しくなることが見込まれています。

このような中、将来にわたって安定的に事業を継続していくため、中長期的な視点に立った経営の基本計画である経営戦略を策定しました。

計画の位置づけ

この計画は市水道ビジョンの財政計画と位置づけ、経営基盤の強化と財政マネジメントの向上に取り組みます。

計画期間

令和3年度から令和12年度までの10年間

経営の基本方針

水道事業
 

経営理念

『経常収支比率100%以上』(市水道ビジョン目標値)を目標値として設定し、健全経営を維持していきます。

基本方針

水道ビジョン基本方針・施策目標の

 安全 : いつでもどこでも水をおいしく飲める水道

 強靭 : 災害から迅速に復旧できるしなやかな水道

 持続 : 健全かつ安定的な事業運営が可能な水道  に基づき施策を実施していきます。

財 源

・官民連携による発注方式、料金収入、経費の削減等による純利益の確保に取り組んでいきます。

・令和3年度市水道料金協議会において、総合的に検討し改定する料金を維持しながら事業運営を実施し、収支の不均衡が生じた場合には投資費用の平準化を行い資金の確保を行います。

工業用水道事業
 

経営理念

『経常収支比率100%以上』(水道事業に準拠)を目標値として設定し、健全経営を維持していきます。

基本方針

・供給事業所との信頼関係を維持・継続し、地域経済の発展・活性化に貢献できるよう健全かつ安定的な事業運営が可能な工業用水道を目指すことを大前提とします。

・今後の投資計画に見合う財源確保策の検討を行います。

経営戦略

 水道事業経営戦略(令和4年3月改定)(PDF形式 749キロバイト)

 工業用水道事業経営戦略(PDF形式 2,040キロバイト)

経営戦略《概要版》

 水道事業経営戦略(令和4年3月改定)《概要版》(PDF形式 711キロバイト)

 工業用水道事業経営戦略《概要版》(PDF形式 1,221キロバイト)

 水道事業アセットマネジメント2020《概要版》(PDF形式 476キロバイト)

経営比較分析表について

水道事業の経営の現状や課題等を把握するため、総務省の全国統一様式である「経営比較分析表」を用い、類似団体との経営指標の比較・分析を行っています。

なお、他市町の経営比較分析表や経営指標等の詳細については、総務省ホームページをご参照ください。

 

地方公営企業に係る経営比較分析表について〈内部リンク〉

総務省ホームページ〈外部リンク〉

情報発信元

建設部 水道課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)