しらやま振興会の活動紹介

最終更新日 2022年6月3日

情報発信元 市民協働課

PAGE-ID:603

しらやま振興会の活動紹介

コウノトリが舞う しらやまの風景  

 絶滅前、国内で最後までコウノトリが生息していたエリアの一つである越前市 白山地区では、地元農家が09年から無農薬無化学肥料の米を作るなど地道に活動を続け、持続可能な里山を目指してきました。
 2020年4月中旬には努力が実り、安養寺町巣塔(12年秋に設置)にて野外コウノトリのひなが2年連続で誕生し、6月下旬に初めて巣立ちました。
 くちばしの折れたコウノトリ「コウちゃん」が飛来し50年を迎えた年に、白山地区で生まれ育ったコウノトリがしらやまの空を舞う風景を見ることができました。

1
ほほえましいコウノトリの親子
 
 
 

SATOYAMAスタジオ

 地区内若者を中心としたメンバーが、たんなん夢レディオ(たんなんFM)の番組制作を手掛けています。SATOYAMAスタジオとして毎月第4日曜日の午後1時から1時間、イベント情報、特産品情報、有名人、穴場スポット情報など、地域の魅力を生放送で発信しています。加えて、YouTubeでも「越前しらやまSatoyamaスタジオ」としてチャンネルを開設し、収録動画の配信を行っています。
 また、ホームページやFacebookによる情報発信にも力を入れ、県内外にもしらやまの魅力を届けています。令和2年度はコロナ渦での取り組みとして、ホームページやYouTubeにて「デジタル文化祭」を実施しました。YouTubeのチャンネル登録者も1000人を超え、海外、県外からもアクセスされています。是非ご覧ください。

2
収録風景

里地里山さと空 しらやま満喫事業 (令和3年度 )

連携団体等

水の里しらやま 

事業内容

 コロナ禍の中アウトドアがブームになってきたことから、多くの来訪者を呼び込むため、コウノトリを中心として里地里山さと空を生かした体験メニュープログラムの開発と環境整備に取り組みました
 専門家を招き、地域の宝を生かした旅行の企画立案のポイントを学んだり、フィールドワークを含むワークショップを開催しました。

里地里山さと空1 里地里山さと空2 里地里山さと空3
事業の様子

しらやま振興会 広報 『しらやま』

広報 『しらやま』 一覧へ

しらやま振興会総会資料

令和4年度しらやま振興会総会資料(PDF形式 2,478キロバイト)

令和3年度しらやま振興会総会資料(PDF形式 16,638キロバイト)

令和2年度総会資料(PDF形式 2,800キロバイト)

平成31年度総会資料(PDF形式 1,745キロバイト)

 

しらやま振興会 自治振興計画(令和元年度~令和3年度)

しらやま振興会 計画2019~2021 (PDF形式 645キロバイト)

しらやま振興会 自治振興計画(令和4年度~令和6年度)

しらやま振興会 計画(2022~2024)(PDF形式 218キロバイト)

しらやま振興会のホームページ

1 水と緑いきいき里地里山 しらやま振興会www2.ttn.ne.jp/~s-shinkou/

2 越前しらやまのおもてなしwww.echizen-shirayama.com

場所情報

情報発信元

総務部 市民協働課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)