保育短時間・保育標準時間について

最終更新日 2018年12月12日

情報発信元 子ども福祉課

PAGE-ID:5958

保育短時間と保育標準時間が設けられました。

平成27年4月より、新制度に伴い「保育短時間」が設けられ、今まで一時預かり保育利用の対象だったお子さんも、2号認定・3号認定に認定され認定こども園保育部・保育園に入園できるようになります。勤務証明書等の書類内容やご家庭の状況に応じて、保育必要量が保育短時間・保育標準時間でそれぞれ認定されます。
どちらの認定になるかは、入園面接時にご説明させていただきます。

【就労時間の目安と保育時間】
保育必要量 保育の必要性 保育時間

保育短時間

1ケ月64時間以上、120時間未満
(おおむね1日4時間以上、週4日以上)の場合

(注)その他、上記に順ずる理由のある場合

午前8時から午後4時頃まで
午後4時頃以降の利用は延長料金が発生します

(注)保育時間は園によって異なります。

詳しくは各園へお問い合わせください。

保育標準時間

1ケ月120時間以上
(おおむね1日6時間以上、週5日以上)の場合

(注)その他、上記に順ずる理由のある場合

午後6時以降の利用は延長料金が発生します

(注)保育時間は園によって異なります。

詳しくは各園へお問い合わせください。

上記時間での就労等の場合は、原則としてそれぞれの保育時間での認定になります。
ただし、保育標準時間での認定を受けた場合でも、送迎に祖父母の協力が得られる場合など、ご希望の場合は保育短時間での利用が可能です。その場合は、子ども福祉課までご連絡ください。

保育短時間は、両親のどちらかがパートタイムの共働き世帯の場合などを対象にしています。
保育標準時間は、両親ともフルタイムの共働き世帯の場合などを対象にしています。

開園時間

保育時間は午前8時から午後4時までを基本としています。ただし、保護者の方の仕事の都合により、概ね、午前7時から午後6時までの11時間を開園しています。
延長保育が必要な場合は延長保育を実施していますが、有料となります。

  • 1号認定【幼稚部】
      教育標準時間
    開園時間 午前8時から午後2時ごろ
    一時預かり(幼稚園型)

    平日 午後2時から午後4時(1回1,000円)
    午後4時から午後7時(1回+350円)
    午前7時から午前8時(1回350円)

    長期休業期間午前8時から午後2時(1回1,000円)
    午後2時以降(1回+350円)
    午前7時から午前8時(1回350円)

    幼稚部には、小学校と同じく春休み、夏休み、冬休みがあります。
  • 2号・3号認定【保育部】
      保育短時間 保育標準時間
    開園時間 午前8時から午後4時ごろ 午前7時から午後6時ごろ
    延長保育 午後4時から午後7時(1回350円) 午後6時から午後7時(1回350円)
    (注)開園時間や延長料金は園よって異なります。詳しくは各園に直接お問い合わせください。

保育必要量(標準時間/短時間)や認定区分(1号/2号)が変更になる場合は?

勤務先、勤務時間の変更などにより保育必要量(標準時間、短時間)や認定区分(1号・2号)が変更になる場合は、子ども福祉課窓口にて申請をお願いいたします。
変更は申請の翌月からとなります。

【必要書類】

保育時間による保育料の違いは? 

  • 平成27年4月より、保育料は市民税額をもとに毎年決定されることとなり、保育料の切り替え時期は毎年9月になります。4月から8月は前年度市民税額、9月から翌年8月までは当年度市民税額をもとに保育料を決定します。
  • 保育料は4月1日時点の年齢で決定します。年度途中で年齢が変わっても、年度内の保育料は変わりません。 

平成30年度保育料徴収基準表

【認定こども園(幼稚部)、幼稚園1号認定】
階層 区分 3歳以上児
1 生活保護法による被保護世帯 0円
2 市民税非課税世帯(市民税所得割非課税世帯を含む) 0円
3 市民税所得割課税 77,100円以下 4,000円
4 市民税所得割課税 211,200円以下 5,000円
5 市民税所得割課税 211,201円以上 6,000円

(注)1号認定については、別途給食費がかかります。

【認定こども園(保育部)、保育園2号認定、3号認定】

階層

区分 3歳未満児 3歳以上児
標準時間 短時間 標準時間 短時間

1

生活保護による被保護世帯 0円 0円 0円 0円

2

市民税非課税世帯 3,000円 3,000円 2,000円 2,000円

3

市民税所得割課税 24,300円未満 11,000円 10,800円 9,000円 8,900円

4

市民税所得割課税 48,600円未満 13,000円 12,800円 11,000円 10,800円

5

市民税所得割課税 72,800円未満 21,000円 20,700円 18,000円 17,700円

6

市民税所得割課税 97,000円未満 23,000円 22,600円 20,000円 19,700円

7

市民税所得割課税 133,000円未満 34,000円 33,400円 28,000円 27,500円

8

市民税所得割課税 169,000円未満 36,000円 35,400円 30,000円 29,500円

9

市民税所得割課税 301,000円未満 45,000円 44,200円 31,000円 30,500円

10

市民税所得割課税 397,000円未満 48,000円 47,200円 33,000円 32,400円

11

市民税所得割課税 397,000円以上 53,000円 52,100円 35,000円 34,400円

参考【保育必要量】
・保育標準時間 フルタイム就労を想定した利用時間(1ヶ月120時間以上)
・保育短時間 パートタイム就労を想定した利用時間(1ヶ月64時間以上120時間未満)

子どもが2人以上いる世帯は、2人目は半額、3人目以降は無料となります。18歳以上(18歳に達する日以降最初の3月31日までの間にあるものを除く)の子どもがいる場合は、子どもの人数によって算定方法が異なってきます。詳しくは子ども福祉課までお問い合わせください。

第2階層(市民税非課税世帯)で子どもが2人以上いる世帯は、2人目以降は無料となります。

父母の年間合計所得によっては、子どもと生計を同一にしているとみなされる祖父母(またはそれ以外の扶養義務者)の所得が保育料の算定に含まれることがあります。

非婚のひとり親家庭の保育料について、寡婦(寡夫)控除をみなし適用した税額で保育料を算定します。みなし適用には、申請手続きが必要になります。詳しくは子ども福祉課へお問合せください。

その他、ひとり親世帯(要保護世帯)には、所得に応じて保育料の軽減制度が適用されます。

平成31年10月に予定されている保育料無償化については、詳細が決まりましたらお知らせします。

子ども・子育て支援新制度について

入園中の注意事項

認定こども園・保育園の入園について

認定こども園・保育園Q&A

 

情報発信元

市民福祉部 子ども福祉課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)