認定こども園・保育園の入園に係る書類について

最終更新日 2020年3月13日

情報発信元 子ども福祉課

PAGE-ID:5951

認定こども園保育部・保育園に入園する際には、以下の証明書が必要です。

保育の必要性を証明する書類

保育の必要性に応じて、提出いただく証明書類が異なります。児童の保護者(父・母)それぞれの分の証明書類についてご確認ください。証明書類についての詳細は、入園手続きの際にご案内いたします。
同居(世帯を別に登録されている場合を含む)されている祖父母が65歳未満の場合も、保育の必要性を証明するための証明書類が必要となります。
証明書類は、以下の市の様式をご利用ください。定められた様式がないものについては、状況が確認できる書類が必要です。

なお、入園中に保護者の就労状況など、ご家族の状況が変わった場合には、子ども福祉課又は入園先にご連絡ください。状況に応じて、以下の証明書類の提出が必要となる場合があります。

保育の必要性 証明書類

就労

(常勤・パート・
アルバイト等、月64時間以上)

勤務証明書(PDF)」「勤務証明書(Excel)」「勤務証明書(ポルトガル語ver)

※年度途中で勤務先がかわった場合は、その都度 勤務証明書を提出してください。
※産休・育休明けの予約申込みをする方も、仕事に復帰される日を確認するため、勤務証明書の提出が必要です。

自営業

事業(自営等)申告書」 「事業(自営等)申告書(ポルトガル語ver)

※配偶者または祖父母が経営する事業に就労している場合も「自営業」として扱います。

※収入が確認できない場合には、給与明細の写しやタイムカードの写しの提出を依頼する場合があります。

農業等 農業等申告書

就学

「学生証の写し、または通学・在学証明書等」:通学期間、在籍期間が分かる書類が必要です。

※職業訓練校に通われる場合も対象になります。

妊娠・出産等

「親子健康手帳の写し」:出産予定日が記入されたページ

妊娠・出産理由での入園(保育認定)に係る誓約書」:妊娠・出産理由のみで入園希望の場合(産前1か月から産後6か月が経過する末日まで保育認定が可能)

疾病・障がい

診断書」:病名、治療期間、保育ができる状態かどうかを明記。身体障害者手帳、療育手帳等をお持ちの方はその写しも提出

診断書(ポルトガル語ver)

看護・介護

「介護・看護状況申告書」:介護保険症、各種障害手帳、その他疾病の状況が分かる書類の写しも併せて提出

「介護・看護状況申告書(ポルトガル語ver)」→ただいま準備中です

家庭の災害 「罹災証明書」
求職活動

就労誓約書」 「就労誓約書(ポルトガル語ver)

※年度途中で離職し求職活動をする場合も、就労誓約書をご提出ください。

その他 「状況を証明するもの」

※ 様式は、各認定こども園・保育園、子ども福祉課に備えてあります。
※ 児童の保護者(父・母)の分が必要です。
証明書類は毎年提出していただく必要があります。
※ 同居している祖父母が65歳未満の場合は、証明書類を提出していただく必要があります。祖父母と世帯を別にしていたとしても、同一の住所地であれば同居とみなします。
※ 同居の祖父母が入所年度の4月1日時点で65歳を超えている場合は、祖父母の証明書類は提出不要です。
証明書類に虚偽や不正があった場合には、当該保護者に係る児童の保育施設等への入所が取り消しとなります。

保育料等の算定に必要な書類

認定こども園・保育園の入園について

認定こども園・保育園Q&A

入園中の注意事項

 

情報発信元

市民福祉部 子ども福祉課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)