越前市要保護児童対策地域協議会

最終更新日 2022年4月13日

情報発信元 こども家庭課

PAGE-ID:10054

要保護児童対策地域協議会とは

虐待を受けている子どもを始めとする要保護児童の早期発見や適切な保護を図るためには、関係機関がその子ども等に関する情報や考え方を共有し、適切な連携の下で対応していくことが重要です。こうした多数の関係機関の円滑な連携・協力を図るため、要保護児童対策地域協議会を設置しています。

要保護児童対策地域協議会の意義

要保護児童対策地域協議会においては、地域の関係機関等が子どもやその家庭に関する情報や考え方等を共有し、適切な連携の下で対応します。

・支援対象児童等を早期に発見することができる。

・支援対象児童等に対し、迅速に支援を開始することができる。

・各関係機関等の情報の共有を通し、課題の共有化が図られる。

・共有された情報に基づいて、アセスメントを協働で行い、共有することができる。

・情報アセスメントの共有化を通じて、それぞれの関係機関等の間で、それぞれの役割分担に共通の理解を得ることができる。

・関係機関等の役割分担を通じて、それぞれの機関が責任をもって支援を行う体制づくりができる。

・情報の共有化を通じて、関係機関等が同一認識の下に、役割分担しながら支援を行うため、支援を受ける家庭にとってより良い支援が受けられやすくなる。

・関係機関等が分担をしあって、個別の事例に関わることで、それぞれの機関の責任、限界や大変さを分かち合うことができる。

 

守秘義務と情報共有

児童福祉法(第25条の5)により、要保護児童対策地域協議会を構成する関係機関等に対し守秘義務が課せられています。また要保護児童対策地域協議会は、要保護児童等に関する情報の交換や支援内容の協議を行うため必要があると認めるときは、関係機関等に対して資料または情報の提供、意見の開示その他必要な協力を求めることができます。

そのため、要保護児童対策地域協議会内での必要な情報交換及び資料の提供が可能となり、関係機関のはざまで適切な支援が行われないといった事例の防止や、虐待防止に向けた関係機関からの積極的な情報提供が可能となります。

 

構成機関

1 福井地方法務局武生支局
2 福井県総合福祉相談所
3 福井県丹南健康福祉センター
4 福井県越前警察署
5 医師会
6 越前市社会福祉協議会
7 越前市民生・児童委員協議会連合会
8 福井県里親会
9 児童センター
10 越前市保育研究会
11 南越特別支援学校
12 小中学校校長会
13 丹南青少年愛護センター南越支所
14 地域子育て支援拠点
15 児童養護施設 一陽
16 児童家庭支援センター 一陽
17 人権擁護委員 越前池田地区委員会
18 越前市地域公益活動推進協議会
19 福井県家庭養護推進ネットワーク
20 福井県社会的養護当事者団体
21 教育振興課 学校教育指導室
22 市民協働課 ダイバーシティ推進室
23 市民福祉部
24

社会福祉課

社会福祉課 福祉総合相談室
25 健康増進課
26

こども家庭課

こども家庭課 子ども・子育て総合相談室

 

情報発信元

市民福祉部 こども家庭課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)