文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

子宮頸がん予防接種について

更新日 2014年4月14日 情報発信元:健康増進課

子宮頸がん予防接種の積極的な接種勧奨の一時差し控えについて

平成25年4月1日より定期予防接種となった子宮頸がん予防接種について、厚生労働省の副反応検討部会及び安全対策調査会(合同開催)において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。

厚生労働省作成のリーフレット→HPVリーフット(平成25年6月版)(PDF形式:1,379KB)

詳しくはこちらのページをご覧ください。→子宮頸がん予防接種の積極的な接種勧奨の一時差し控えについて

子宮頸がん予防接種が定期予防接種になりました!

このワクチンは、子宮頸がん発症の主な原因となる発がん性のヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防するワクチンです。
平成25年4月から子宮頸がん予防ワクチン接種は、定期予防接種となりました。

子宮頸がんとは

 子宮頸がんは、子宮の入り口にできるがんです。近年、35歳をピークに20~40歳の日本女性で子宮頸がんの発病や死亡が増えています。子宮頸がんは、女性なら誰でもかかる可能性のある病気です。

原因やがんになる過程がほぼ解明されている予防できるがんです。原因の殆どは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染です。子宮頸がんの予防には「ワクチン」と「検診」が有効です。

ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症について

ヒトパピローマウイルスは皮膚や粘膜に感染するウイルスで、100以上の種類に分類されています。これらのうち主に粘膜に感染する種類は、性行為を介して生じる表皮の微少なキズから、生殖器粘膜に侵入して感染するウイルスであり、海外においては性活動を行う女性の50%以上が、生涯で一度は感染すると推定されています。

粘膜に感染するHPVのうち少なくとも15種類は子宮頸がんから検出され、「高リスク型HPV」と呼ばれています。高リスク型HPVの中でも16型、18型とよばれる2種類は特に頻度が高く、海外の子宮頸がん発生の約70%に関わっていると推定されています。また、子宮頸がん以外にも、海外において少なくとも90%の肛門がん、40%の膣がん・外陰部がん・陰茎がんに関わっていると推定されています。その他、高リスク型に属さない種類のものは、生殖器にできる良性のイボである尖圭コンジローマの原因となることが分かっています。

対象年齢

 小学6年生から高校1年生相当年齢の女子

標準的な接種期間

 中学1年生相当年齢の間

接種回数・間隔  

確実な予防効果を得るため3回受けてください。
子宮頸がん予防ワクチンは、2種類(サーバリックス・ガーダシル)あります。医療機関により扱うワクチンが異なります。
安全性や有効性を保つため、同一のワクチンを3回続けて接種してください。


<標準的な接種>

 サーバリックス:HPV16型、18型の感染を予防するワクチンです。

       1回目→(1か月後)→2回目→→(5ヶ月後)→3回目

ガーダシル:HPV6型、11型、16型、18型の感染を予防するワクチンです。

       1回目→(2か月後)→→2回目→(4ヶ月後)→3回目

  

接種直後のお願い

 ワクチン接種後に注射による痛みや心因性の反応等による失神があらわれることがあります。失神による転倒を避けるため、接種後30分程度は体重を預けることのできる背もたれのあるソファに座るなどして様子を見るようにしてください。

子宮頸がん予防接種についての説明書はこちらをご覧ください。

接種方法について

越前市指定医療機関で接種してください。※事前に予約が必要です。
持ち物: 

◎保護者が同伴する場合 ……予診票(様式A)・母子健康手帳

◎保護者が同伴しない場合 …予診票(様式B)・同意書(様式C)・母子健康手帳

その他

 厚生労働省Q&A

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:市民福祉部 健康増進課    健康増進課トップページへ戻る

電話: 0778-24-2221 ファックス: 0778-24-5885
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: kenkou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)