LGBTについて

最終更新日 2018年12月3日

情報発信元 市民自治推進課

PAGE-ID:7167

LGBTとは?

L レズビアン 同性を好きになる女性
G ゲイ 同性を好きになる男性
B バイセクシャル 性別にかかわらず、異性を好きになることも同性を好きになることもある人
T トランスジェンダー

身体の性別とは異なる性別を生きる/生きたいと望む人

  • いろんな性別のあり方を「セクシュアリティ」と言いますが、多くの人に比べて少数派の方たちのことを「セクシャルマイノリティ(性的少数派)」と言います。
  • LGBTとは、上記4つの頭文字を合わせたもので、性的マイノリティの総称として使われることが多くなっています。

現状について

  • LGBTの割合は、一般的に20人から30人に1人いると言われています。
  • LGBTかどうかは、見た目やしぐさ、言葉遣いだけではわかりません。
  • 周りに居ないと決めつけてしまうと、知らず知らずのうちに相手を傷つけてしまうかもしれません。
  • 周りにいないのではなく、差別や偏見を恐れて周りに打ち明けることができない当事者は多く、居ないと感じてしまっています。
  • 悩みや生きづらさを感じているかもしれません。

大切なこと

  • LGBTについて、正しく理解すること。
  • LGBTの方々が置かれている現状を知り、何に困っているのかを一緒に考える意識や態度を持つこと。
  • 偏見や差別のない、あらゆる人たちが等しく、幸せを求められるような社会をみんなで考えていきましょう。

他機関による相談窓口

NPO団体、各自治体等の取組みについて

 

情報発信元

総務部 市民自治推進課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)