文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

伝統的古民家の耐震改修を支援します

更新日 2018年6月13日 情報発信元:建築住宅課

 耐震診断の結果、耐震性が不十分であると診断され、補強プランを作成された方が伝統的古民家の耐震改修工事を行う場合、工事に係る費用を補助します。
 ※店舗併用住宅の場合は延床面積の2分の1以上が住宅として使用されている必要があります
 ※賃貸住宅、法人が所有する住宅は補助対象外です
 ※申込み時点で空き家であっても、改修工事後に居住を開始する場合は補助対象となります。詳しくはお問い合わせください

1.募集期間

 平成30年4月16日から平成31年1月31日まで

2.募集件数

 募集中(平成30年4月16日現在)

3.補助対象者

  • 越前市内の木造住宅(伝統的古民家)に自ら居住し、所有している方
  • 市税を滞納していない方
  • 耐震診断・補強プラン作成を終えている方
  • 補助金の交付を受けようとする年度内に耐震改修工事を完了する見込みのある方
    (平成31年3月15日までに工事を完了し、実績報告書を提出する必要があります)

※改修工事の契約・着工前に必ず補助金の申込み・申請をしてください。補助金の交付決定前に契約・着工した場合は申請をお受けできませんので、ご注意ください。

 

4.補助対象工事(伝統的古民家の耐震改修工事)

対象となる住宅
伝統的古民家

  • 耐震診断(一般診断法)を行い診断評点が1.0未満のもの、
    又は耐震診断(伝統耐震診断法)を行い、評価指数が30を超えるもの
  • 過去にこの事業の耐震改修補助を受けていないもの
  • 伝統的な古民家に該当しているもの(ア、イいずれかに該当するもの)
     ア.建設後50年を経過したもの
     イ.福井県が設置する福井の歴史的建造物保存促進事業審査委員会が
       地域固有の伝統的民家と認めた民家(ふくいの伝統的民家

対象となる工事

(一般診断法の場合)

  • 診断評点を1.0以上にする耐震改修工事(困難な場合は0.7以上)
  • 工事施工者(契約相手方)は越前市内に営業所を有すること
  • 耐震診断士が工事監理を行うこと

(伝統耐震診断法の場合)

  • 診断評点1.0以上と同等以上にする耐震改修工事
  • 工事施工者(契約相手方)は越前市内に営業所を有すること
  • 改修後に伝統耐震診断士が再度耐震診断を行うことにより確認すること

補助金額

  • 耐震改修工事に要する費用の80%以内
  • 最大170万円

5.提出書類(補助金の申込み時)

 ア.申込書(様式第1号)…建築住宅課でお渡しします
    下記のリンクからダウンロードすることもできます
     申込書(ワード形式)
     申込書(PDF形式)

 イ.添付書類
   ※Eの書類は申請時に職員が閲覧により確認することに同意した場合は添付を省略することができます
    A.付近見取図(住宅地図等の写し)
    B.改修前の耐震診断報告書等の写し
    C.改修後の診断評点が確認できる書類(補強プラン)の写し
    D.固定資産証明書(家屋)
       …市民課または今立総合支所市民福祉課 で発行いたします
    E.最新の納税証明書(市税に滞納なし)
       …市民課受付または今立総合支所市民福祉課受付で発行いたします
         ※自動交付機では発行できませんので、必ず窓口で手続きを行ってください
    F.伝統的な古民家に該当することを確認できる書類
       ※建設後50年が経過していることを確認できる書類
         又は「ふくいの伝統的民家」認定書の写し


【関連リンク先】

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:建設部 建築住宅課    建築住宅課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3074 ファックス: 0778-22-3067
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: kenchiku@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)