プレミアム付商品券事業を装った特殊詐欺にご注意ください(市民課トピックス)

最終更新日 2019年8月22日

情報発信元 市民課

PAGE-ID:7063

プレミアム付商品券事業を装った特殊詐欺にご注意ください!

越前市では、今年10月に消費税・地方消費税率が10%に引き上げられることが予定されていることから、市民税・県民税非課税者と子育て世帯に限り、消費に与える影響を緩和するための越前市プレミアム付商品券を販売します。対象となる方で、プレミアム付商品券の購入を希望する方は、申請期間内に一定の手続き(プレミアム付商品券購入引換券交付申請書の提出等)が必要となりますが、この手続きなどに関連し、市から手数料の振込を求めたり、ATMの操作をお願いしたり、銀行口座番号などの個人情報を照会することは決してありません。万一怪しい電話がかかった場合は、長々と話を聞かずすぐに電話を切るか、迷わず市消費者センター(電話:22-3773)までご連絡ください。

なお、越前市プレミアム付商品券に関するお問い合わせ先は下記のとおりです。

特設窓口 電話:22-3560(平日9時~16時)

社会福祉課 電話:22-3004

ギャレックス株式会社で新入社員を対象とした消費者出前講座を実施しました。

3月25日(月曜日)の午後2時30分からギャレックス株式会社3階会議室において、今年4月1日から当社に勤務する9名の新入社員を対象とした消費者出前講座を実施しました。新しく社会人となる緊張感が漂う中、特に若者に多い消費者被害の手口と対策について、具体的な事例を交えながら説明を行いました。

ギャレックス1
ギャレックス2

講師の話に真剣に耳を傾けていました。

アポ電かも・・・ 知らない番号からの電話に出るのは危険です

アポ電
家族構成や資産状況を聞かれたら、会話を続けずすぐに電話を切って下さい。
 
詳細は以下のPDFファイルをご覧ください。(クリックしてください。)
見守り新鮮情報 第333号

天皇陛下の退位に便乗した商法にご注意ください

天皇陛下退位便乗
注文や承諾していない商品が届いたら、受取拒否しましょう。
 
詳細は以下のPDFファイルをご覧ください。(クリックしてください。)
見守り新鮮情報 第324号
 

武生第一中学校で出前講座を行いました。

3月14日(木曜日)午後1時30分より、武生第一中学校ランチルームにおいて、当校の2年生を対象に消費者出前講座を開催しました。スマートフォンやパソコンを使っての通信販売のリスクなど若者に多いトラブル事例の紹介や〇×クイズで大いに盛り上がり、実のある講座になりました。

 

一中1一中2

若者向け悪質商法被害防止街頭啓発を実施しました。

2月6日(水曜日)早朝7時30分から、通勤通学時の学生や一般市民を対象として、JR武生駅前、福井鉄道北府駅前及び福井鉄道越前武生駅前の3箇所で、消費者グループ連絡協議会の役員の皆様の応援を得る中、悪質商法被害防止を呼び掛ける若者向け街頭啓発用リーフレット及びポケットティシュの街頭配布を行いました。

街頭啓発1街頭啓発2

街頭啓発3街頭啓発4

越前市消費者講演会を開催します。

消費者講演会チラシ

ぜひご参加ください。詳細は以下のPDFファイルをご覧ください。(クリックしてください。)

2018消費者講演会 チラシ(PDF形式 418キロバイト)

武生工業高校で消費者出前講座を行いました。

平成30年12月14日(金曜日)、武生工業高校の3年生を対象とした出前講座を行いました。講座の中では、生徒4人によるマルチ商法の寸劇も取り入れ、笑いも誘いながら最後まで熱心に聞き入っていました。

工業1工業2

 

キョーセー株式会社で消費者出前講座を行いました。

平成30年10月10日(水曜日)、15日(月曜日)の午後3時から、キョーセー株式会社厚生会館において従業員の方約130名を対象に消費者出前講座を開催しました。皆さん仕事でお疲れにもかかわらず、熱心に説明を聞いてくださいました。お忙しい中、貴重な時間を割いていただきましたことに感謝申し上げます。(10月26日(金曜日)に3回目の講座を予定)

キョーセー1
キョーセー2
キョーセー3
キョーセー4

武生第三中学校で消費者出前講座を行いました

平成30年9月28日(金曜日)の午後から、本館2階の第2ホールにおいて本校2年の生徒約110名を対象に、消費生活全般にわたる出前講座を実施しました。講座の中では〇Xゲームを取り入れながら、契約など将来成年年齢(18歳)になった時に身に着けてほしい知識や若者を狙った悪質商法の数々を紹介しました。皆さん、昼食後にもかかわらず熱心に聞き入っていました。

三中1
三中2
三中3
三中4

武生東高校で消費者出前講座を行いました

平成30年9月21日(金曜日)の午後3時10分から午後4時までの50分間、武生東高校の体育館において当校の3年生約180名の生徒を対象に、若者向け消費者教育の一環として出前講座を開講しました。本講座においては、若い世代に知って欲しい消費者トラブル対策マニュアルと題して、若者に被害の多いマルチ商法やスカウト商法、アポイントメントセールスなどの悪質商法の手口の紹介と対策について説明しました。また、講座の中で先生1名と生徒3名によるマルチ商法のロールプレイングを取り入れました。皆さん即興にも関わらずすばらしい名演技で、時には笑いを誘いながら生徒たちも熱心に聞き入っていました。

東1
東2
東3
東4

越前市消費者サポーター研修会を開催しました

平成30年度 第1回消費者サポーター研修会を開催しました。

平成30年8月3日午後、JA越前たけふ本店3階研修室において、”消費者市民社会の実現に向け「地産地消」を” をテーマにした研修会を開催しました。

22名のサポーターが出席し、「越前市の畜産の現況について」と題して、JA越前たけふ指導部営農販売課畜産担当の浅井芳文氏の説明を聞きました。

平成30年2月の時点で福井県内に豚は約2,900頭おり、そのうちなんと約2,400頭が越前市内で育てられているとか、純けいは親鶏で焼き鳥店秋吉の社長が考案したなど、まったく知らなかった新しい情報を知ることができ、畜産を通して改めて「地産地消」の大切さを理解することができました。

そのあと、JA農業施設 低温倉庫(国高地区)及び中央カントリー(北日野地区) を見学しました。

サポーター1
サポーター2

駅前で街頭啓発を行いました(若者に対する悪質商法被害防止共同キャンペーン)

2月20日(火曜日) 午前7時20分から午前8時30分まで、JR武生駅前と福鉄越前武生駅前、北府駅前にて、街頭啓発を実施しました。

若者を対象に、悪質商法被害の未然防止・拡大防止を図るため、『ちょっと待った!その契約 おいしい話にご用心! 若者に多い消費者トラブル』のパンフレットと消費者センターを紹介するティッシュペーパーを配布して、注意を呼び掛けました。

街頭啓発
街頭啓発1

新成人のみなさんへ

消費者トラブルに巻き込まれない成人(大人)になりましょう。

二十歳の君へ

国民生活センター

「民事訴訟管理センター」等からの架空請求ハガキは無視してください 法務省の名称等を不正に使用した架空請求により被害が発生しています

「民事訴訟管理センター」や「国民訴訟通達センター」「民事訴訟告知センター」「日本民事訴訟管理センター」と名乗る機関から、「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」などと題し、「民事訴訟の取り下げの相談に乗る」等と書かれたハガキが届いたという相談が急増しています。

差出人には、「法務省管轄支局」とありますが、法務省とは一切関係がありません。

絶対に連絡をしてはいけません。相手にせず無視してください。

ハガキ

法務省 法務省の名称等を不正に使用した架空請求により被害が発生しています

福井県警察本部 こんなハガキやメールは詐欺!

消費者の窓28号

ご注意ください。「1回だけの購入のつもりが定期購入に!?」 健康食品では、病気は治せません!

錠剤やカプセルなど薬のように見えても、健康食品は「食品」です。病気を治す・防ぐ効果はありません。

SNSなどの広告を見て、通常価格より大幅に安い価格にひかれ、1回だけのつもりで健康食品を購入したところ、実際は定期購入が条件だったという相談が寄せられています。

健食 定期購入

申し込みの際は、定期購入になっていないかなど、契約内容をしっかり確認しましょう。スマホでは、画面をスクロールした最後の方に、小さい文字で条件等が書かれている場合があるので、注意が必要です。

『健康食品の5つの問題』

健康食品5つの問題

おたっしゃ会(服間地区)で悪質商法対策のミニ講演をしました

平成29年9月17日(日曜日)、服間改善センター多目的ホールで、『撃退しましょう 消費者トラブル』のミニ講演をしました。

服間1
服間2

強引な訪問購入に気をつけてください

心得

高齢者を中心に訪問購入のトラブルが発生しています。

国民生活センター

越前市消費者サポーター研修会を開催しました

平成29年8月2日の午後、JA越前たけふ本店2階和室において、地産地消をテーマにした研修会を開催しました。31名のサポーターが出席し、越前市の特産「白山スイカ」の説明を聞きました。そのあと、JA農業施設の白山スイカ選果場を見学しました。

スイカ1
スイカ2

なりすまし・かたり電話・訪問販売に注意を

  • 電力会社を装い「料金プランの見直しをしている。電気料金が安くなるので一度訪問したい」と電話があった。
  • 「消防署から来ました。消火器の点検が必要です」と訪問され、高額な消火器を売りつけられた。
  • 大手電話会社をかたり「電話料金が安くなる」と言われた。届いた書類は別会社だった。
  • 市役所職員を名乗り「保険料の払い戻し金があるのでATMへ行ってください」と電話があった。

このように、公的機関の名をかたったり、制服などで信用させ、高額な商品を買わせたり、契約をせまる商法が横行しています。

突然の訪問や、電話による勧誘は要注意!疑わしい場合や不審に思われた場合は至急相談してください。

越前市消費者センター 0778-22-3773


突然、スマホに!相談急増中

悪質な「利用した覚えのない請求」が横行!

スマホやPCを操作中、突然「会員登録を完了しました。取り消しは次のところまで連絡を」と表示され、高額な料金請求を受けている。

また、請求画面が張り付いたまま消えない。どうしたらいいですか。

スマホ操作に不慣れな中高年からも、慣れている若者からもこのような相談が増えています。

シャッター音がした

これは「ワンクリック請求」詐欺です!!

まずやることは、何もしないこと(放置する・無視する)

  • すぐに画面を閉じる。メールを削除する。
  • 絶対に連絡しない。自分の電話や住所・名前などを教えない。
  • 絶対に支払わない。

連絡したらどうなるの

  • こちらの電話などが知られてしまい、悪用されます。

張り付いた請求画面を消す手順

「登録完了画面が現れても、あわてないで」スマートフォンでのワンクリック請求に注意!

連絡してしまった場合や変なメールがたくさん来ている場合


プリペイドカードの番号教えろは「詐欺」

コンビニには、「プリペイドカード」や「ギフトカード」(電子マネーカードともいう)の売り場が必ずあります。電子マネーカードは、子どもなどへ現金ではなくこのカードを贈り、もらった人がその裏面にある暗証番号を入力することで、買い物やゲームなどができるものです。

現在、「特殊詐欺」の手口で、携帯電話に「有料サイトの未納料金があるので支払をしてください」などとSMSが届き、携帯に慣れていない人が、驚いて連絡先に電話していまい、言われるままに電子マネーカードを購入し、カードの番号を相手に教えてしまう被害が全国で多発しています。

電子マネーカードは1枚数万円が上限で、まとめ買いしたらコンビニ店員に用途を聞かれたりしますが、ある被害者は、何日間もかかっていくつものコンビニを回り、最終的には数百万円分のカードの番号を、相手に送信した事例も全国にはありました。

プリカ詐欺

被害を防ぐために

  1. 携帯電話での覚えがない支払要求は無視すること。
  2. 他人からの指示で、電子マネーを購入しないこと。
  3. 番号を教えた後に不審点に気づいたら、すぐに電子マネー発行会社に利用停止を依頼すること。

スマホ画像

プリカ詐欺注意リーフレット

見守り新鮮情報(迷惑メールのトラブル)

おかしいと思ったら越前市消費者センターへ相談を


夏休みに起こりやすい子どもの事故に注意しましょう

子どもたちが活発に遊ぶ季節です。

水の事故、花火でのやけど等、夏に起こりやすい事故はたくさんあります。

子どもの事故防止のために、注意するポイントなどを前もって知っておきましょう。

夏休み注意するポイント(消費者庁からのお知らせ)


越前市消費者サポーター研修会を開催しました

平成28年7月1日(金曜日)の午後より、JA越前たけふ本店3階会議室において、地産地消をテーマにした研修会を開催しました。36名のサポーターが出席し、越前市の特産トマト「紅しきぶ」の説明を聞きました。そのあと、JA北日野支店にあるトマトの選果場を見学しました。

研修会


無担保転換社債型新株予約権付社債の購入勧誘にご注意を

注意喚起
(注)「消費者庁の注意喚起資料」内の画像

ジェネリック医薬品の製造・販売などの事業を営んでいると偽って、「東洋堂製薬株式会社」の無担保転換社債型新株予約権付社債の購入を勧誘する事業者に係る相談が、各地の消費生活センター等に寄せられています。
東洋堂製薬から勧誘資料が届いた場合や社債の購入希望者から東洋堂製薬の勧誘資料について電話で質問や依頼を受けた場合、決して応じず、すぐに電話を切ってください。

消費者庁の注意喚起資料

強引な訪問購入に気を付けてください

 

「民事訴訟管理センター」や「国民訴訟通達センター」と名乗る機関からハガキが届いたという相談が急増しています。

消費者に、過去に利用した業者への未払いがあると思わせ、それに関して「裁判所に訴状が提出された」「給与、動産物、不動産物の差し押さえ」などと脅して不安にさせたうえで、訴訟の取り下げ等について相談するよう、誘導しています。

決して相手に連絡してはいけません無視してください。すると連絡先を知られて、支払わされる恐れがあります。

ハガキ

情報発信元

市民福祉部 市民課消費者センター

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)