マイナンバーカードの取得方法(交付時来庁方式)

最終更新日 2021年3月20日

情報発信元 窓口サービス課

PAGE-ID:9271

マイナンバーカードの申請方法について

マイナンバーカードは交付申請することにより取得できます。
カードを申請する方法は、以下の3つの方法があります。
・マイナンバーカードを受け取るときに来庁する(交付時来庁方式)
・マイナンバーカードを申請するときに来庁する(申請時来庁方式)
・企業や事業所等への出張申請受付について
 

初回の交付手数料は無料です。

マイナンバーカードを受け取るときに来庁する(交付時来庁方式)

交付時来庁方式は、ご自分で申請し、カードが完成した後、市役所でカードを受け取る方法です。

カード申請から受取りまでの流れ

1、カードの交付申請をする
通知カードまたは個人番号通知書に同封されている申請書のQRコードかIDを利用し、スマートフォン・パソコン・証明写真機で申請できます。
その他、同封の申請書を記入し、顔写真を貼付して、返信用封筒(注)で送付する申請も可能です。
(注)返信用封筒は総務省、内閣府、地方公共団体情報システム機構のホームページから、ダウンロードすることもできます。
地方公共団体情報システム機構「個人番号カード交付申請書の送付用封筒について」
マイナンバーカード交付申請書がない方は、マイナンバーカード総合サイトから手書き交付申請書をダウンロードし、必要事項を記入し写真を貼って郵送するか、窓口サービス課でQRコード付き申請書を申し込み、スマートフォン等から申請してください。
詳しくは、次のパンフレットの5頁から6頁をご覧ください。「マイナンバー(個人番号)のお知らせ 個人番号カード交付申請のご案内


2、市役所からご案内を郵送
カードのお渡し準備が整いましたら、市役所からカード受取りの案内文をご本人様宛に郵送します。
申請から約1か月半程必要です。(全国からの申請状況により、お届けまでにかかる日数の変動が生じます。)


3、受取日時を電話で予約
「カード受取りの予約です」とお伝えください。
カード受取りの3日前までに予約をお願いします。


4、カードの受取り
案内文に記載された必要な持ち物を持参し、本人が来庁してください。
15歳未満及び成年被後見人の方は、本人と法定代理人の来庁が必要です。
所要時間は約20分~30分程度です。

マイナンバーカードの写真について

マイナンバーカードは本人確認の身分証明書になるため、マイナンバーカードを申請する時に貼付する顔写真は、必ず「正面、無帽、無背景」のものをお願いします。
詳しくは、次のパンフレットの6頁をご覧ください。「マイナンバー(個人番号)のお知らせ 個人番号カード交付申請のご案内

無料撮影サービスについてはこちらをご確認ください。(実施期間 令和3年1月15日~令和3年3月31日)

受取りに必要な持ち物

・交付通知書(はがき)
・個人番号カード・電子証明書設定暗証番号記載票(受取り案内と一緒に送付しています)
・印鑑
・通知カード
・住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
・手数料(有料再交付の場合です。詳しくは送付したご案内をお読みください。)
・本人確認書類 下記のA1点またはB2点(有効期限内のものに限ります)

A 運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)住民基本台帳カード(顔写真付)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書
B 「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載され市区町村長が適当と認めるもの
例   健康保険証、年金手帳、医療受給者証、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、預金通帳、医療受給者証


注意点
・マイナンバーカードは住民基本台帳カードを持っている人も交付申請をすることができますが、マイナンバーカード交付時に住民基本台帳カードは返納していただきます。

15歳未満の方または成年被後見人のカード交付について

15歳未満の方または成年被後見人は、本人とその法定代理人の来庁が必要です。
本人確認書類は、本人と法定代理人のそれぞれの身分証が必要です。
代理権の確認書類が必要です。ただし、「本籍地が越前市の区域内である場合」または「ご本人が15歳未満の者で、法定代理人と同一世帯にある場合」は不要です。

代理人による受取りについて

ご本人が、入院、身体の障害等やむを得ない理由により、お越しになれない場合に限り、代理人にカードの受取りを委任できます。必要書類が変わりますので、必ず予約時にお知らせください。

必要な持ち物
・交付通知書(はがき)
・ご本人の本人確認書類
 下記表のうちの「A2点」または「A1点+B1点」または「B3点(うち写真付き1点以上)」
・代理人の本人確認書類
 下記表のうちの  「A2点」または「A1点+B1点」
・代理権の確認書類
 法定代理人の場合:戸籍謄本その他の資格を証明する書類(ただし、本籍地が越前市の区域内である場合は不要)
 その他の場合:委任状等、ご本人が代理人を指定した事実を確認できる資料(交付通知書の「委任状」欄に記入することで足りる)
・通知カード
・住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
・ご本人の出頭が困難であることを証する書類
 例 診断書、本人が代理人の施設に入所している事実を証する書類
・印鑑

A 運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)住民基本台帳カード(顔写真付)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書
B 「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載され市区町村長が適当と認めるもの
例   健康保険証、年金手帳、医療受給者証、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、預金通帳、医療受給者証

  ※施設に入所されてる方で顔写真付きの本人確認書類をお持ちでない方は、施設長による顔写真証明書をご用意ください。
   B1点になります。個人番号カード顔写真証明書(施設長)(PDF形式 44キロバイト)

情報発信元

市民福祉部 窓口サービス課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)