文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

犯罪により被害を受けた方を支援します

更新日 2017年2月28日 情報発信元:市民自治推進課


犯罪被害に遭われた方やその家族は様々な問題を抱えています

突然、自分や大切な人の身体を傷つけられたり、生命を奪われたりすることは、誰の身にも起こり得ることです。
犯罪によって、そのような被害を受けた人やその家族は、犯罪そのものによる直接的な被害だけでなく、二次被害と言われる「精神的ショックによる心身の不調」や医療費・弁護士費用等にかかる経済的な負担など、さまざまな困難に直面しています。
 

被害者に寄り添うこと

犯罪の被害に遭ったほとんどの人は、被害を受けた直接的な苦痛だけでなく 、罪悪感や自責感を抱き、とてもデリケートな精神状態にあります。周囲の何気ない一言や心ない噂話など、二次的な被害に遭うこともあります。

特に、周囲が気をつけなければならないことは、被害者が安心できる環境をつくること、そして、もし被害者が自然に胸の内を話したら、真剣に聴くこと・・・です。 決して聞き出そうとしたり、批判したりせずに、被害者が話せることをただ聞いてあげてください。話すことで精神的苦痛が少しでも和らぐかもしれません。まずは、つらい気持ちをそのまま受け止めましょう。
 

支援活動 ホンデリング ・・・いらなくなった本が支援活動に活用されます

ホンデリング 〜本でひろがる支援の輪〜 お申込みはこちら → 申込書

回収先 : 株式会社バリューブックス 0120-826-295 受付時間 月~土 10時~19時、日 10時~17時 (ヤマト運輸が集荷)
※ 傷や汚れがあっても構いませんが、以下の本は取り扱えないのでご注意ください。
裏表紙にISBNの無い本、百科事典、コンビニコミック、個人出版の本、マンガ雑誌、一般雑誌


市民自治推進課でも随時受け付けています。 お気軽にお立ち寄りください。
 

犯罪被害に遭ってしまったら・・・

市は、関係機関や関係団体と連携しながら、被害者の状況に応じた支援を行っています。犯罪被害に関することは、市民自治推進課までご相談ください。

また、被害者を支援する様々な取組みを行う民間の団体に 福井被害者支援センターがあります。

同センターは、平成21年9月11日に福井県公安委員会から「犯罪被害者等早期援助団体」の指定を受けました。
これにより、被害者等の同意があれば被害情報の提供を受けることができるようになった為、混乱期でもある被害直後の早い段階から必要な支援を行うことが可能になりました。

公益社団法人 福井被害者支援センター



 

越前市犯罪被害者等支援条例を制定しています 

詳しくは、越前市犯罪被害者等支援条例をご覧ください。

 

犯罪被害者等支援啓発リーフレットを作成しました

越前市では犯罪被害に遭われた方やそのご家族を支援し、また広く市民や事業所等に理解を深めていただくため、リーフレットを作成しましたのでご活用ください。

こちらです→ 犯罪被害者支援リーフレット

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:総務部 市民自治推進課    市民自治推進課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3293 ファックス: 0778-22-3264
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: chiiki@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)