受益者分担金制度(東部・今立)

最終更新日 2018年12月7日

情報発信元 下水道課

PAGE-ID:1367

日野川東部(東部処理区及び今立処理区)の場合

分担金の額

  • 受益者分担金の額は、公共ます1箇所あたり30万円です。
  • ただし、公共下水道の本管設置工事期間内に公共ますが設置された場合、
    分担金の額は公共ます1箇所あたり3万円減額されます。
    (公共ます1箇所あたりの分担金の額:30万円-3万円=27万円)

受益者の申告

受益者に変更があったとき

  • 分担金の納付途中で、土地の売買などで受益者が変わった時は、
    すぐに納付義務者変更届出書(様式PDF様式ワード)を出してください。
    この手続きが済まない限り、従前の受益者が引き続き分担金を納めていただくことになります。

分担金の納付方法

  • 分担金の納付は、分担金総額に応じて最高で5年分割になります。
    納付方法は、年4回の分割納付と、分担金総額または各年度分をまとめて納付する一括納付があります。
    市から6月初旬に納入通知書を送付いたしますので、
    最寄りの金融機関(ゆうちょ銀行以外)または下水道課、今立総合支所で納めてください。
期別 納 付 期 間
第1期 6月15日 から 6月30日まで
第2期 9月15日 から 9月30日まで
第3期 12月10日 から 12月25日まで
第4期 2月10日 から 2月末日まで
  • また、口座振替もご利用いただけます。
    振替日は各期別の25日(土曜日、日曜日、祝日の場合は翌営業日)になります。
    口座振替申込書は下水道課に備え付けてあります。

前納報奨金制度

  • 有利な前納報奨金制度があります。
    納入通知書には、あらかじめ前納報奨金を記載した一括納付の納付書が入っています。
    前納する額に、次の表に定める前納する期数に対応する交付率(パーセント)を乗じた金額が前納報奨金として交付されます。
前納する期数 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
交付率(パーセント) 1 1.5 2 2.5 3 3.5 4 4.5 5 5.5
前納する期数 11
12
13
14
15
16
17
18
19
 
交付率(パーセント) 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9 9.5 10  
  • 前納報奨金の計算方法
    前納報奨金額 = 前納する額 × 前納する期数に対応する交付率(パーセント)

    〔計算例〕
    分担金総額300,000円(公共ます1箇所)を賦課年度の6月30日までに一括納付する場合
    1期あたりの納付額は、300,000円÷20期(分割納期数)=15,000円
    前納報奨金は、15,000円×19期(前納する期数)×10パーセント=28,500円
    ⇒納付額は300,000-28,500=271,500円になります。

その他

  • 公共ますの設置時期が公共下水道の本管工事期間内でなかった場合は、
    納期や納付期数が異なりますので、下水道課までお問い合わせください。
  • 納付状況については、納付義務者本人のみにお答えすることができます。
    都合により、本人以外による確認をご希望の場合は、委任状(様式はこちら)のご提出をお願いします。

 

上下水道

このページの表現について評価をお願いします。

ありがとうございました。

情報発信元

建設部 下水道課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)