小型充電式電池について

最終更新日 2020年5月27日

情報発信元 環境政策課

PAGE-ID:4458

小型充電式電池とは?

  • 小型充電式電池とは、「充電して何度も使える電池」で、家電、事務機器、通信機器、防災機器、雑貨など様々な製品において使用されています。
  • このうち、ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池、小型制御弁式鉛蓄電池については、電池メーカー、電池使用機器メーカー等によって、回収・リサイクルが行われています。 (下記のマークが目印です)
ニカド電池
ニッケル水素電池
リチウムイオン電池
鉛蓄電池

 

希少な金属の再利用ができます

  • 小型充電式電地には、ニッケルやカドミウム、コバルトなど希少な金属が使われています。
  • これらはリサイクルすることによって、貴重な再生金属が回収でき、資源を有効に再利用することができます。

使用済み小型充電式電池を回収しよう

  • 家庭で使い終わった小型充電式電池は、リサイクル協力店の「小型充電式電池リサイクルBOX(下の黄色のボックス)」に入れてください。
  • 入れる際、ショートの恐れがありますので金属端子部分をテープ等で絶縁してください。
  • 乾電池やボタン電池などの使い切りの電池は入れないでください。

リサイクルボックス

こんなところで回収しています

  • 使用済みの小型充電式電池は、電気店やホームセンター等のリサイクル協力店で回収しています。
  • リサイクル協力店を中心とした回収拠点は、全国で約3万箇所あります。
  • お近くの協力店は、こちら(JBRCホームページ)から検索できます。
  • 電池の処理についは、こちら(電池工業会ホームページ)をご参照ください。

 

情報発信元

産業環境部 環境政策課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)