越前市地産地消推進の店を認定しています

最終更新日 2022年2月14日

情報発信元 農政課

PAGE-ID:10045

「越前市地産地消推進の店」とは

 市では、越前市産の農産物や加工品を積極的に利用する飲食店、小売店を「越前市地産地消推進の店」として認定しています。認定店では、食材に越前市産のお米を使用し、旬の野菜や大豆、そば、卵、豚肉など、できるだけ地場産品を使用しています。

 地元食材を使った食を選択することは、生産者や消費者、流通者など、地域の食を支える人たちを応援することにつながります。ぜひ地産地消推進の店認定店となり、また、認定店を積極的に利用することで、地元の食を応援してください。

 

gohan
 
tomato
 
kyuuri
 
niku
 

 

地産地消推進の店に認定されるには

   令和4年1月7日(金)までに市役所の農政課に申請書を提出してください。2月に開催される認定会議を経て、認定証を授与します。(令和4年度から認定店となります)。

 ◆越前市地産地消推進の店認定制度実施要綱

 ◆申請書等様式

 ◆地産地消推進の店ガイドブック

jyuyosiki
 
jyuyo

 

 
  

地産地消推進の店になったら

 ◆市のホームページやチラシ等でお店が紹介される  

 ◆市の食に関する事業や農産物等にかかる情報が得られる

 ◆市の食育事業、イベント等に優先的に参加できる(強制ではありません) 

bentou
国体おもてなし弁当
menyu
きゅうりフェア

 

地産地消って、とっても大事

tirasi                                                                                                   

日本の食と農を守るため地産地消を

 ◆日本の食料自給率は40%を切っており、残りは輸入に頼っています。このまま世界の人口が増え続ければ、我が国は輸入に頼ることが困難になります。

 ◆外国から輸入される農作物の中には、厳しい規制がかからず、生産・出荷されたものがあります(残留農薬や遺伝子組み換えによる作物など)。

 ◆日本の農業が衰退すると、農地の減少、土地(国土)の荒廃につながり、鳥獣害や自然災害などの被害を受けやすくなります。

 ⇒ 国(農林水産省)の地産地消の取組 「地産地消・国産農林水産物の消費拡大」

 ⇒ 福井県の取組 「農林水産部 流通販売課のホームページ」

情報発信元

産業環境部 農政課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)