令和4年度休耕田ビオトープ新規協力者の募集について

最終更新日 2022年3月15日

情報発信元 農政課

PAGE-ID:10188

令和4年度休耕田ビオトープ新規協力者の募集について(令和4年3月11日)

 市では里地里山(農村)の自然を守るため、コウノトリを自然再生のシンボルに「生きものと共生するコウノトリが舞う里づくり」を推進しています。

 ビオトープ等が増えて、多くの野外コウノトリが飛来するようになりました。西部地域では3年連続でひなが誕生し、令和3年にも市内2箇所において4羽が巣立ちし、越前市で2年連続の巣立ちとなりました。また、東部地域においても、令和元年に初めてコウノトリが長期滞在しました。

 今後もコウノトリの野外定着を目指し、餌場環境の整備を市内全域に拡充して取組むため、休耕田を活用したビオトープづくりに協力いただける方を募集いたします。(※作業量に応じて協力金をお支払いたします。)

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

情報発信元

産業環境部 農政課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)