5~11歳のこどものワクチン接種について

最終更新日 2022年3月24日

情報発信元 新型コロナウイルスワクチン接種対策室

PAGE-ID:10139

注意!

 ワクチン接種は本人や保護者の希望により受けるものです。強制ではありませんので、説明書等をよく読み効果副反応を理解した上でご判断ください。

接種ワクチン

接種回数・間隔・費用

必要性

副反応

新型コロナワクチンの説明書

接種当日の持ち物

個別接種会場(個別医療機関)

集団接種会場

副反応やワクチンについての医学的相談は

国からのお知らせ

  厚生労働省ホームページ → 「5~11歳の子どもへの接種についてのお知らせ」(外部サイト)  

  厚生労働省ホームページ → 新型コロナワクチンQ&A 「小児接種」(5~11歳)」(外部サイト)

対象者

  接種日時点で 5歳から11歳の方

   ◆特に接種をお勧めする方(慢性呼吸器疾患、先天性心疾患等重症化リスクの高い基礎疾患※1を有する方)

    ※接種の会はあらかじめかかりつけ医とよく相談してください。

※小児用新型コロナワクチンは12歳の誕生日の前々日まで接種可能です。1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合は2回目の時も同じ小児用ワクチンを接種します。

※接種期間は令和4年3月から令和4年9月30日までの予定です。

※1 日本小児学会では新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患の一覧を公表しています。 

   → 日本小児学会「新型コロナウイルス関連情報」(外部サイト)

接種ワクチン

  小児用ファイザー社ワクチン 

※1回目の接種時に12歳以上となっている方が接種するワクチンは、小児用ではないファイザー社ワクチンもしくは武田/モデルナ社ワクチンとなります。

※小児用のワクチンは、臨床試験等から有効性や安全性が確認されていること、海外でも広く接種が進められていること等を踏まえ、日本でも接種が進められることになっています。しかし、小児については、現時点において、オミクロン株に対するエビデンスが確定的でないことも踏まえ、小児について努力義務の規定は適用せず、今後の最新の科学的知見を踏まえ、改めて議論することが適当であるとされました。 (厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A より抜粋)

※努力義務とは「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法の規定のことで、義務とは異なります。感染症の緊急のまん延予防の観点から、皆様に接種にご協力をいただきたいという趣旨から、このような規定があります。(厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A より抜粋)

接種回数・間隔・費用

  接種回数・間隔 : 3週間の間隔をおいて2回接種 

※ほかの予防接種を新型コロナワクチンと同時に接種できません。

※前後に他の予防接種を行う場合、新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。

  費用 : 無料 

小児(5~11歳)接種の必要性

 小児においても中等症や重症例が確認されており、特に基礎疾患を有する等、重症化するリスクが高い小児には接種の機会を提供することが望ましいとされています。また、今後様々な変異株が流行することも想定されるため、小児を対象にワクチン接種を進めることとされました

 詳しくは → 「厚生労働省 新型コロナワクチンQA( なぜ、小児(5~11歳)の接種が必要なのですか。)(外部サイト)」

小児(5~11歳)接種の副反応

 12歳以上の方と同様、接種部位の痛みや倦怠感、頭痛、発熱等、様々な症状が確認されていますが、殆どが軽度又は中等度であり回復していること、現時点で得られている情報からは、安全性に重大な懸念は認められていないと判断されています。

詳しくは → 「厚生労働省 新型コロナワクチンQA( 小児(5~11歳)の接種にはどのような副反応がありますか。)(外部サイト)」

新型コロナワクチンの説明書

 接種にあたっては必ず説明書を読んで、ワクチン接種を受けるか、ご検討ください。 

【ファイザー社の説明書(5~11歳)】

→ ファイザー社 5~11歳のお子様の保護者の方へ(新型コロナワクチン予防接種についての説明書)(PDF形式 1,045キロバイト)

【国「お知らせ」】

 → 国「5~11歳のワクチン接種についてのお知らせ」リーフレット(PDF形式 2,432キロバイト)

接種当日の持ち物

 1.お子さんの身分証明書保険証など

 2.接種券

 3.予診票

  ・予診票は必ず記入してお持ちください。

  ・予診票の署名欄には保護者の氏名を署名してください。

 4.母子健康手帳

 ※接種には保護者の同意と立会が必要となります。

個別接種会場(事前に必ずご予約ください)

 【接種できる市内医療機関】 → こちらをクリック(接種実施 医療機関)

  ※ 各医療機関の窓口、ホームページ、お電話等でご予約ください 

集団接種会場(事前に必ずご予約ください)

【集団接種会場】  必ず保護者(親権者)同伴でお越しください。

接種月 日程 接種会場

3月

29日(火) 30日(水)

武生中央公園総合体育館

(AW-Iスポーツアリーナ)

4月

2回目のみ

1日(金) 5日(火) 6日(水)

8日(金) 15日(金)

市民プラザたけふ

(アルプラザ武生3階)

22日(金) 23日(土)
5月 13日(金) 14日(土)

※2回目の接種は1回目から3週間後の日を選択して予約してください。

※集団接種の予約には接種券番号が必要です。お手元に接種券付き予診票をご用意の上ご予約ください。

〇WEB(インターネット)で予約する → こちらをクリック

※WEBでも2回分の予約が可能です。1回目の日程を予約したら、もう一度、「接種会場一覧」から、会場を選択して3週間後の日付に予約を入れてください。

〇電話で予約する → 越前市予約受付案内センターへ

【越前市予約受付案内センター】  平日・土曜 9:00~17:00

  TEL  42-5501 

予約方法・接種券の再交付などのお問い合わせは

【越前市予約受付案内センター】  平日・土曜 9:00~17:00

  TEL 42-5501

副反応やワクチンについての医学的相談は

福井県新型コロナワクチン接種相談センター】 

TEL 0776-20-2210 (24時間受付  土日、祝日も実施)

 

【厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター】 (フリーダイヤル)

TEL 0120-761770 (9:00~21:00  土日、祝日も実施)

情報発信元

市民福祉部 新型コロナウイルスワクチン接種対策室

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)