国民健康保険税について

最終更新日 2020年7月20日

情報発信元 税務課

PAGE-ID:467

国民健康保険税とは

国民健康保険税は、国民健康保険に加入している方の医療費(医療分)と、後期高齢者医療制度の被保険者の医療費(支援分)と、介護保険納付金(介護分)に充てるための目的税です。

納税義務者は世帯主です

国民健康保険税は、大人も子どもも一人一人が被保険者ですが、保険税は世帯ごとに算定し、世帯主が納税義務者になります。
そのため世帯主が被保険者ではない場合(社会保険に加入している場合や、後期高齢医療制度の被保険者である場合)も納税義務者になります。

介護保険(2号保険者)

国民健康保険に加入されている40歳以上65歳未満の方は、介護保険第2号被保険者となり、医療分・支援分に介護分が加算され国民健康保険税として課税されます。
介護分の保険税は、満40歳になる月(1日が誕生日の方は、その前月)から満65歳になる月の前月分(1日が誕生日の方は、その前々月分)まで納めていただくことになります。
満65歳以上の方は、介護保険第1号被保険者となり、介護保険料(長寿福祉課担当)になります。

(例)
7月1日が満40歳の誕生日の人:6月分から
7月1日が満65歳の誕生日の人:5月分まで

7月5日が満40歳の誕生日の人:7月分から
7月5日が満65歳の誕生日の人:6月分まで

保険税の課税額

保険税の課税額は、

  • A 所得割額 世帯の被保険者(国民健康保険に加入している人)の所得に応じて算定されたもの
  • B 資産割額 世帯の被保険者の資産に応じて算定されたもの
  • C 均等割額 世帯の被保険者の数により算定されたもの
  • D 平等割額 1世帯につき算定されるもの

以上4つの合算額で、医療分と支援分と介護分で別々にそれぞれ算定し、あわせて保険税として課税されます。

国民健康保険税の計算方法(令和2年度)

国民健康保険税率(令和2年度)
内訳 計算の説明 税率等

医療分

(0歳から74歳)

後期高齢者支援金分

(0歳から74歳)

介護納付金分

(40歳から64歳)

A 所得割額

前年中の総所得金額等の合計額-基礎控除(33万円)の額に税率を乗じる

6.7パーセント 2.6パーセント 2.2パーセント

B 資産割額

今年度の固定資産税額に税率を乗じる

13.0パーセント 0パーセント 0パーセント

C 均等割額

被保険者1人につき

26,700円 10,000円 11,000円

D 平等割額

1世帯につき

23,400円 6,000円 6,000円

年間保険税

A+B+C+D(ただし、賦課限度額まで)

賦課限度額

63万円

賦課限度額

19万円

賦課限度額

17万円

納税通知書の送付について

令和2年度当初の納税通知書は7月15日(水曜日)に発送いたしました。

国民健康保険に加入されている方の所得や資産の内容に応じて国民健康保険税を算出し、納税義務者となる世帯主の方に通知します。世帯主が国民健康保険に加入していない場合も世帯主の方に通知します。

国民健康保険税についてチラシ(全員)(PDF形式 2,429キロバイト)

年金天引き継続者宛てチラシ(PDF形式 211キロバイト)

10月から年金天引き者宛てチラシ(PDF形式 61キロバイト)

年金天引きから普通徴収者宛てチラシ(PDF形式 44キロバイト)

国民健康保険税の納期について(年8回)

  • 4月から翌年3月までの12か月分を8回に分けて納付していただきます。
  • 末日が土日祝日の場合は、翌営業日が納期限となります。

期別

第1期

第2期

第3期

第4期

第5期

第6期

第7期

第8期

納期限

7月末日

8月末日

9月末日

10月末日

11月末日

12月25日

1月末日

2月末日

国民健康保険税の納め方

納付書

市から送付された納付書で、コンビニエンスストア、郵便局(窓口とATM)、または越前市内にある金融機関で納付してください。
口座振替での納付もできます。

口座振替

ご指定の口座から保険税を引き落としさせていただきます。振替する口座を変更したい方、口座振替をやめたい方は、届け出が必要です。
届出がない場合は、国民健康保険をやめた後も口座の登録は残ることになりますので、ご注意ください。 

年金天引き

詳しくは年金天引きのページをご覧ください。

国民健康保険税の軽減措置について

所得が少ない世帯への軽減

世帯主および国保被保険者の前年の所得金額の合計が国の定める基準所得以下の世帯については、保険税の均等割および平等割を軽減(2割・5割・7割)する制度があります。

7割軽減該当世帯

世帯の合計所得金額≦330,000円

5割軽減該当世帯

世帯の合計所得金額≦330,000円+(285,000円×被保険者数 )

2割軽減該当世帯

世帯の合計所得金額≦330,000円 +(520,000円×被保険者数 )

適用についての注意事項

7割・5割・2割軽減の適用にあたっては、申請不要です。ただし、世帯全員の所得が判明していることが必要です。

被保険者数

軽減の判定は、対象年度の4月1日時点(4月2日以降に新たに納付義務が発生した場合はその時点)において国民健康保険の資格を有する方の合計人数で判定します。

所得金額
  • 国民健康保険の資格を有する方および国民健康保険から後期高齢者医療制度へと移行した方の総所得金額等の合計で判定します。
  • 国民健保険の資格のない世帯主(擬制世帯主)の所得も含みます。
  • 所得に公的年金等に係る所得が含まれる場合、当該所得から15万を控除した後の所得で判定します。
  • 青色事業専従者給与額については、必要経費に算入せず、事業主の所得となります。
  • 事業専従者控除がある方は、控除前の金額が判定基準の所得になります。
  • 専従者給与に係る所得は判定基準の所得に含みません。
  • 譲渡所得の特別控除がある場合は、特別控除前の額が判定基準の所得になります。
  • 繰越控除がある場合は、控除後の額が軽減判定基準の所得になります。
再判定
  • 判定基準日後に被保険者の人数が変更となった場合でも、軽減の取り消しや再判定は行いません。
  • 判定基準日後に世帯主に変更があった場合は、その変更月を基準として再判定を行います。その場合、納税義務者も変更となります。

後期高齢者医療制度に移行したときの軽減

国民健康保険から後期高齢者医療制度へ移行した場合

国民健康保険から間を空けずに後期高齢者医療制度に移行した場合、移行した人を含めて軽減措置に該当するかを判定します。

また、後期高齢者医療制度へ移行したことで、その世帯の国民健康保険加入者が1人となった場合は、医療分と後期高齢者支援金分の平等割が5年間は半額になります。また、その後3年間は4分の1が軽減されます。ただし、世帯に異動があった場合は、上記の判定の対象から外れることがあります。

越前市では、国民健康保険加入届を軽減申請として取り扱い、軽減を行っています。

被用者保険から後期高齢者医療制度に移行する人の扶養者であった場合

平成31年4月1日から旧被扶養者に係る減免制度が変わりました。

被用者保険から後期高齢者に移行する被保険者の扶養者であった人(旧被扶養者)で、新たに国民健康保険に加入する65歳以上の方については、当分の間、減免措置が継続することとされていましたが、平成31年4月から減免期間が見直され、『資格取得日の属する月以後2年を経過する月までの間』に限り適用されることになりました。なお、所得割、資産割は当分の間賦課されません。

減免内容
  • 旧被扶養者にかかる所得割、資産割は賦課されません。 
  • 旧被扶養者にかかる均等割を半額にします。
  • 旧被扶養者のみで構成される世帯については、平等割を半額にします。

(注)越前市では、国民健康保険加入届を軽減申請として取り扱い、軽減を行っています。ただし、加入手続きのとき対象となることがわからない場合は対象者でも軽減されていないことがあります。その場合は、日本年金機構が出す証明書をもって、もう一度保険年金課窓口にお届けください。なお、軽減されている方は通知書の申請減免の欄に減免額が記載されています。

非自発的失業者にかかる軽減措置について(要申請)

平成21年3月31日以降に、倒産・解雇による離職(特定受給資格者)や雇い止めなどによる離職(特定理由離職者)をされた人は、申請により保険税が軽減されます。

対象となる人

  1. 平成21年3月31日以降に退職された方のうち、次の離職理由により失業給付等を受ける人
  2. 失業した時点で65歳未満の人

お手持ちの雇用保険受給資格者証「12 離職理由」の欄に次のコードの記載のある方です。

雇用保険の特定受給資格者の離職理由コード
11 解雇
12 天災等の理由により事業の継続が不可能になったことによる解雇
21 雇止め(雇用期間3年以上雇止め通知あり)
22 雇止め(雇用期間3年未満更新明示あり)
31 事業主からの働きかけによる正当な理由のある自己都合退職
32 事業所移転等に伴う正当な理由のある自己都合退職
雇用保険の特定理由離職者の離職理由コード
23 期間満了(雇用期間3年未満更新明示なし)
33 正当な理由のある自己都合退職
34 正当な理由のある自己都合退職(被保険者期間12カ月未満)

軽減の対象となる期間

離職日の翌日の属する月から、その月の属する年度の翌年度末までの期間になります。

雇用保険の失業給付を受ける期間とは異なります。
再就職等で国民健康保険を脱退した場合は、国民健康保険の資格を喪失するまでが対象期間となります。
再就職をしても国民健康保険に引き続き継続して加入する場合は、上記翌年度末までが対象期間となります。

申請について

非自発的失業者にかかる軽減を受けるためには申請が必要となります。
次の資料を持参の上、市役所税務課(10番税の窓口)または今立総合支所市民福祉課(あいぱーく今立)にて申請してください。

  • 雇用保険受給資格者証
  • 印鑑

軽減について

対象となる期間の前年の給与所得を100分の30として国民健康保険税を算定します。
(年度途中に非自発的失業者が既存の国民健康保険加入世帯に追加加入してきた場合、軽減判定の見直しは行いません。)

特別な事情による国民健康保険税の減免について

特別な事情(災害等)により保険税を納めることが困難であると認められる場合には、申請により保険税が減免になる場合があります。
税務課へご相談ください。 

介護保険の適用除外について

越前市国民健康保険に加入されている40歳以上65歳未満の方で、介護保険の適用除外施設(障害者施設等)に入所・入院されている方は、越前市長寿福祉課へ申請を行えば、国民健康保険税のうち介護分の納付が不要となる場合があります。
詳しくは、長寿福祉課のページをご確認ください。

国民健康保険税のQ&A

Q1 社会保険に加入しているのに、国民健康保険税の納付書が届いたのですが?

国民健康保険税の納税義務者は世帯主です。

したがって、世帯主が75歳以上(後期高齢者医療保険に加入している人)や社会保険加入者の場合でも、家族が国民健康保険に加入していると、国民健康保険に加入していない世帯主に課税されます。

また、現在社会保険に加入していて、以前国民健康保険に加入していた場合、手続きをしていただかないと国民健康保険に加入したままになっていることがあります。この場合、国民健康保険保険証と社会保険の保険証を持って、市役所保険年金課で手続きを行ってください。

ただし、国民健康保険税は、普通徴収の場合、1年分を8回に分けて納めていただいているので、国民健康保険の喪失の手続きをされた後でも、納付書が届くことがあります。
国民健康保険のお手続きについては、保険年金課のページをご確認ください。

Q2 国民健康保険税に介護保険分は含まれていますか?

40歳から64歳までの方は、国民健康保険税に含まれています。65歳以上の方は年金から差し引かれるか、または国民健康保険税とは別の介護保険料の納付書で納めていただきます。

Q3 国民健康保険には加入しなくてはいけないのですか?

国民健康保険法で、次のようにうたっています。

  • 国民健康保険法第5条
    住民は住所を有する市町村の国民健康保険の被保険者である。
  • 国民健康保険法第6条(一部省略)
    他の社会保険加入者、共済組合の組合員、船員保険加入者とその被扶養者、生活保護法における保護を受けている者は、国民健康保険保険者から除外される。

したがって、社会保険加入者や生活保護受給者でなければ、国民健康保険に加入しなければなりません。
なお、未加入期間がある場合、未加入期間の国民健康保険税を一括して支払っていただくことになります。

Q4 年度途中で社会保険に加入したら国民健康保険税はどうなるの?

国民健康保険に加入していた月数分だけ課税されます。社会保険に加入された場合は、市役所での手続きが必要となります。手続きをしていただきますと、翌月に税額変更の通知が届きます。

Q5 被保険者ごとの税額の内訳を知りたいのですが?

国民健康保険税通知書に、医療分、後期分、介護分に分けて所得割額、資産割額、均等割額を掲載しています。
税額はこれ以外に平等割額として、一世帯当たり年間29,400円または35,400円(介護分含む場合)が課税されています。

Q6 保険税の滞納が続くとどうなりますか?

特別の事情がないのに長期間保険税を滞納すると「保険証」に代えて「被保険者資格証明書」を交付することになります。

「被保険者資格証明書」の交付を受けると、医療費は全額自己負担となります。保険税の納付が困難な場合は、早めに収納課(0778-22-3015)までご相談ください。

Q7 減免制度はないの?

災害により著しい被害を受けた場合、税額が免除される制度があります。お早めに税務課窓口にご相談ください。

情報発信元

企画部 税務課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)