文字の大きさ色調の変更音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

南越消防組合設立40周年記念事業アルバム

更新日 2010年11月17日 情報発信元:南越消防組合

安全・安心のための消防力の強化と向上を目指して(平成22年度 消防業務推進重点目標)

 南越消防組合は昭和45年に発足し、関係各位のご尽力により組織、施設、装備等全般にわたり着実に発展を遂げ、地域住民の生活の安全確保に大きな役割を果たし、本年、9月に40年の節目を迎えました。
 9月26日(日)には記念式典などの行事を開催したところ、ご来賓、消防関係者、地域住民の方々に多数ご来場いただきました。ありがとうございました
 年々、複雑多様化、大規模化する火災や自然災害など各種の災害から住民の生命、身体及び財産を守る消防の責務を果たし、今後、更に信頼される消防として発展を続けるため南越消防組合は努力していきますのでどうかよろしくお願いします。
 このページでは当日の内容を下記の順に従ってご紹介します。

  1 消防部隊行進
  2 消防訓練
  3 消防音楽隊ドリル演奏
  4 危険物防災指導車贈呈式
  5 物故者への黙祷
  6 記念式典
      開会の辞
      国歌斉唱
      表彰
      管理者式辞
      組合議長あいさつ
      来賓祝辞
      未来へのメッセージ
      閉式の辞

 詳細は以下のページをご覧ください。
  

消防部隊行進  【越前市役所前から武生中央公園体育館前駐車場 】 

40周年記念の横断幕を先頭に消防音楽隊、消防団旗、消防団員徒歩部隊、消防車両部隊が行進しました。

消防音楽隊とカラーガード隊ミルキーウエイ

音楽隊、カラーガード隊集合写真です

福田副団長の開始報告

ただいまから~行進を開始しまーす

先頭横断幕

40周年記念の横断幕が先頭です

消防音楽隊 

消防音楽隊25名の行進です

徒歩部隊 

徒歩部隊87名の行進です

車両部隊 

車両部隊8台の行進です

まちなかの行進風景

総社大神宮前交差点を左折します

まちなかの行進風景 

横断幕の後ろはカラーガード隊8名の行進です

まちなかの行進風景 

善光寺通りを行進中です

まちなかの行進風景 

整然と行進する徒歩部隊です

体育館前進入路で部隊入場を待つ管理者と来賓 

到着を待つ管理者(中央)と来賓です

消防部隊の入場 

先頭横断幕が到着しました

管理者へ敬礼

管理者へ敬礼!

管理者の徒歩部隊査閲

徒歩部隊の堂々の入場です

 管理者の車両部隊査閲

車両部隊の入場です

 

消防訓練  【武生中央公園体育館前駐車場 】 

消防職・団員の消防技術の向上、相互の連携強化を図り、管内地域住民の防火・防災思想の啓発を目的に大規模地震が発生したとの 想定で4つの訓練を実施しました。

訓練1 建物損壊等による集団救急・救助訓練

    想定 大規模地震(震度6弱)が発生し、壊れた3階建てビルの内・外に救助を求めている人や負傷者等が多数発生した。

 

1警戒活動中の消防団員により多数の負傷者を発見 

地震でビル周辺に負傷者が発生!

2救助隊員及びはしご車隊員による倒壊ビル内及びビル屋上からの救出開始 

梯子車が近づきます

3はしご車隊員によるビル屋上に避難した2名の救出活動 

いよいよ救出開始です

4救急隊員による負傷者の重傷度選別(トリアージ)と応急手当活動 

救出された人のトリアージを行っています

5負傷者を介添えし応急救護所まで搬送する消防団員 

消防団員が負傷者を搬送しています

6救急隊員と共に負傷者を担架で収容する消防団員 

救急隊員と消防団員とが連携しての活動です

7エアーテントで応急救護所を設営し救護に当たる消防職・団員 

多数の負傷者を救護所で応急手当中

 

 

訓練2 化学剤等の特殊物質災害時の対応訓練

   想定 地震により化学工場の保管倉庫内に化学薬品が漏洩し、有毒ガスが発生して従業員が曝露した。

1簡易防護服を着装した隊員が有毒物質を除洗する簡易シャワー室を設置すると共に隊員2名がオレンジ色の化学防護服の着装中

活動準備を開始!左の消防士は現場の警戒、中央は防護服の着装、右は簡易シャワー室の設置です

2救出のため工場に向かうオレンジ色の化学防護服を着装した救助隊員

救出作業開始です!

3有毒ガスが充満した工場内へ進入開始する化学防護服を着装した救助隊員

工場に見立てたテントに進入開始!

4工場内から救出した要救助者を除洗する救助隊員 

要救助者を除染中

5要救助者を救出した後、拡散防止活動を開始する救助隊員 

救助隊員が簡易シャワー室に入り拡散防止のため除染しています

訓練3 圧縮空気泡消火装置による消火訓練

  想定 地震により化学工場構内で火災(建物、車両)が発生した。

1新装備(圧縮空気泡消火装置)を備えた消防自動車

圧縮空気泡消火装置を装備した消防自動車が到着しました

2模擬火災を空気泡で消火する消防隊員

筒先から白い泡が放射されています

3模擬火災を空気泡で消火する消防隊員

泡は水と消火薬剤の混合液に空気を圧入して生成されます

4模擬火災を空気泡で消火する消防隊員 

少ない水で消火できます

5模擬車両火災を空気泡で消火する消防隊員 

車両火災にも有効です

訓練4 遠距離中継送水及び一斉放水による延焼防止訓練

  想定 地震により損壊したRC造3階建てビルから火災が発生した。

 

1ビルより出火、煙が上昇

火災が発生しました

2消防ポンプ自動車の中継送水消火訓練

延焼を防止するため消防自動車が建物を囲んでいます

3消防ポンプ自動車の中継送水消火訓練

消防自動車が一斉に放水を開始しました

4消防ポンプ自動車の中継送水消火訓練 

遠方の川から消防自動車を何台もつないで水を送っています

消防音楽隊ドリル演奏  

南越消防音楽隊は昭和50年に、カラーガード隊ミルキーウェイは平成2年に結成され、消防業務の傍ら限られた時間で練習に励んでいます。演奏曲目は、ZARDの名曲をメドレーにしたZARD best  remix  2010で、迫力ある華麗な演奏が披露されました。

1演奏前  Standby・・・

準備が整いました

よーい!

緊張の一瞬です

1曲目 マイフレンド

1曲目の演奏です

1曲目 負けないで ~ マイフレンド 

迫力の演奏がきまっています

1曲目 エンディング     Bell up!

ここが見せ場です

2曲目 運命のルーレット まわして 

カラーガード隊ミルキーウェイの華麗な演技です

3曲目 揺れる想い 

いよいよラストの曲

司会者席から 

司会者席から見るとこんな様子です

 

危険物防災指導車贈呈式 

寄贈者  南越地区危険物安全協会
物 件  軽自動車 1台   
活用方法 危険物災害の予防指導や保安管理の指導に活用
式次第  寄贈のことば
     目録とゴールデンキーの贈呈
     寄付採納の証と感謝状の贈呈
     奈良管理者の謝辞

贈呈式が始まります

左が奈良管理者と倉橋消防長です。右が危険物安全協会の河合、高橋副会長です

目録と鍵を受け取ります

目録とゴールデンキーが渡されました

寄付採納の証と感謝状を贈呈します

寄付採納の証と感謝状を授与しました

防災指導車です

これが寄贈車です

     

南越地区危険物安全協会は、南越消防組合管内における危険物取扱関係事業所並びに危険物等の設備工事を業とする事業所で

組織されており、危険物の安全管理・災害予防対策の研究及びその広報等を目的として、247事業所が加入しています。

物故者への黙祷

消防関係物故者へ黙祷を行いました 

黙祷

黙祷する消防職・団員

記 念 式 典

開会の辞   倉橋消防長が開会を宣言しました 

倉橋消防長の開式の辞

ただいまから40周年記念式典を挙行
いたします

表彰  記念表彰と南越消防協会長表彰を行いました

下の写真は上段左から自主防災功労者表彰、自主防災功労者感謝状贈呈、消防団勤続30年者婦人感謝状贈呈で、奈良管理者(越前市長)が授与しました。下段左からは、特別表彰、功労章表彰、精勤章表彰で、新谷南越消防協会長が授与しました。

自主防災功労者表彰

5人の方に授与しました

消防功労者感謝状贈呈

2団体に贈呈しました

消防団勤続30年者婦人感謝状贈呈(代表受領)

消防団に30年勤続された方のご婦人に贈呈です

特別表彰

越前市消防団吉野分団が表彰されました

功労章表彰(代表受領)

越前市消防団20名、池田消防団3名、南越前消防団7名計30名の代表受領です

精勤章表彰(各勤続年数の代表受領)

40年1名、30年5名、20年24名、10年18名の各勤続年数の代表受領です

管理者式辞               組

奈良管理者の式辞 

奈良管理者(越前市長)の式辞です

組合議長あいさつ 

嵐(あらし)南越消防組合議長のあいさつです

 

来賓祝辞  4人のご来賓からご祝辞を頂きました

来賓祝辞(福井県知事)

福井県知事 西川一誠 様

来賓祝辞(高木衆議院議員)

衆議院議員 高木 毅 様

来賓祝辞(若泉衆議院議員)

衆議院議員 若泉征三 様

来賓祝辞(小泉県議会副議長)

福井県議会副議長 小泉剛康 様

                ご来賓のみなさま 
                  福井県知事    西川 一誠   様 
                  衆議院議員    山本 拓   様
                  衆議院議員    高木 毅       様
                  衆議院議員    松宮 勲   様
                  衆議院議員    若泉 征三   様
                  参議院議員    山崎 正昭   様 (秘書が代理出席)
                  参議院議員    松村 龍二   様 (秘書が代理出席)
              福井県議会副議長    小泉 剛康   様
               福井県議会議員    関 孝治       様
               福井県議会議員    仲倉 典克   様
               福井県議会議員    玉村 和夫   様
                       福井県議会議員    宮本 俊    様
                   越前警察署副署長    児嶋 國継   様
              福井市消防局次長         塚本 政敏   様
     鯖江・丹生消防組合消防本部次長     木下 新一   様

未来へのメッセージ  未来に向け4人の消防士が4つのメッセージを発信しました

4人の消防士が整列しました

これから発信です。4人の服装は救助服(左)、活動服(右)、音楽隊制服(中2人)です。

来賓と消防職・団員に向かって発信中です

心に残る記念式典として企画しました

若さあふれる力強い声が館内に響きわたりました

強い消防を目指して

未来へのメッセージ全文

未来へのメッセージ

  南越消防組合は、地域住民の生命、身体及び財産を、火災など、あらゆる災害から防除するため、消防の任務並びに目的を再認識して、未来に向け次のメッセージを発信します。

1 南越消防組合は、複雑多様な災害に対応できる強靭でかつ、柔軟な組織づくりに努め、誰にも負けない熱い心と誠意を持ち続けます。

1 南越消防組合は、崇高なる消防精神をモットーに、日々、厳しい訓練及び自己研鑽に励み、強靭な身体能力、及び高度な知識と技術の向上に努めます。

 1 南越消防組合は、地域住民の安全・安心を念頭におき、日々変化する社会情勢を的確に捉え、日本一の消防を目指します。

 1 南越消防組合は、地域住民から愛され信頼される消防組織としてあり続けるために、消防職・団員は一丸となって常に向上に努め、将来に引き継ぎます。

 

 平成22年9月26日

 

                                                南越消防組合 消防士 西野 仁人

                                                南越消防組合 消防士 増田 憲彦

                                                南越消防組合 消防士 金子 拓哉

                                                南越消防組合 消防士 田中 秀樹

                                                                   以上

閉会の辞       新谷南越消防協会長が閉会を宣言しました

閉会の辞

これをもちまして40周年記念式典を終了いたします!

そのほかの写真です

1会場準備の風景

査閲場所を設営しています

2会場準備の風景

大型スクリーンを訓練会場内に配置しました

主催者と来賓です

左から倉橋消防長、新谷南越消防協会長、来賓のみなさまです

訓練の風景 

支援車(マイクロバス)のルーフ上で訓練の指揮をし無線交信なども行っています

式典開始前 

みんなが緊張しています

会場全景(西から撮影) 

出席者がそろいました

 会場全景(北から撮影)

前列は消防職・消防団幹部職員、中央は消防団員、後列は訓練に出場した消防職・団員です

会場全景(西から撮影) 

右側のいす席は受賞者の方々です

場所情報

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

     

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:南越消防組合 南越消防組合    南越消防組合トップページへ戻る

電話: 0778-21-0119 ファックス: 0778-21-0093
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: nsk119@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)