議会だより第55号 掲載記事のお詫びと訂正について

最終更新日 2019年2月15日

情報発信元 議会事務局

PAGE-ID:5982

議会だより第55号 掲載記事のお詫びと訂正について

 議会だより第55号の3面上部に掲載した「12月定例会 代表質問」の記事の中に誤りがありましたので、訂正しお詫びします。
   (下記リンク先の議会だよりについては、訂正済みのものを掲載いたしております。)


【訂正箇所】 日本共産党議員団 前田修治議員の下記質問内容について


■国民健康保険での均等割額の軽減をするべき

誤: 問 新年度より国保税を8%増額し、今後2年ごとに税率の見直しをするということだが、
         国保財政はますます厳しくなることが予想される。
    さらに一般会計からの繰り入れをなくすとなれば、国保財政の悪化に伴い、
           際限なく保険税が引き上げられることになるのではないか。

     県の運営方針に従い赤字削減・解消計画を作成するが、計画性をもたせるために
           2年ごとに見直し、税率は財政状況に応じてその都度検討する。
    今後は、健康づくりの取組みによる医療費の抑制や、収納率向上の取組みにより
           保険税の伸びの抑制をはかる。


正: 問 本市の国保税一人あたりの均等割額は39歳以下で一人32,700円だが、
          子育て支援のため、18歳未満の子どもの均等割額の半額減免や
    第3子以降の均等割額をなくすなどの自治体の取組みが始まっている。
    越前市でも実施するべきではないか。

    答 現行の国民健康保険制度では、減免した財源は他の被保険者が負担する形になる。
    国保特別会計において赤字の解消が求められている中、その他の被保険者の
    負担増となることや公平性の観点から、市独自の減免等については、
    現在は考えていない。


市議会だより55号(PDF形式 5,902キロバイト)

 

→越前市議会だより(平成28年度から最新号)

 

このページの表現について評価をお願いします。

ありがとうございました。

情報発信元

議会事務局 議会事務局

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)