文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

越前市放課後子どもプラン

更新日 2014年8月4日 情報発信元:生涯学習課

越前市放課後子どもプラン

趣 旨

 少子化や小家族化の進行、就労形態の多様化及び家庭や地域の子育て機能・教育力の低下など、子どもを取り巻く環境の変化を踏まえ、放課後等に子どもが安心して活動できる場の確保を図るとともに、次世代を担う児童の健全育成を支援することを目的として、文部科学省の「放課後子ども教室推進事業」と厚生労働省の「放課後児童健全育成事業」を原則としてすべての小学校区で一体的あるいは連携しながら事業を実施する「放課後子どもプラン」が国において創設され、平成19年度からスタートしました。 しかし、「放課後子ども教室」は平成21年度の文部科学省予算から「学校・家庭・地域の連携協力推進事業」のメニューの一つとして、市町村の実情に応じて選択して実施できる事業とされました。現在、「放課後子ども教室」は、文部科学省の「学校・家庭・地域の連携による教育支援活動促進事業」のひとつの事業として地域の実情に応じて実施していくものとなっています。 
 一方、放課後児童クラブは平成24年度8月に制定された「子ども・子育て支援法」において「地域子ども・子育て支援事業」として位置付けられ、策定が義務付けられた「地域子ども・子育て支援事業計画」にしたがい、計画的に実施していくこととされています。

 これを受けて、越前市では、「越前市放課後子どもプラン」 を策定し、越前市の子どもの安全で健やかに活動できる場所を確保し、地域ぐるみで取り組む総合的な放課後対策の推進を図ります。

事業の内容

越前市放課後子どもプラン推進懇談会の設置

 放課後子どもプラン推進懇談会は、学校教育や社会教育、児童福祉の関係者、学識経験者などで構成されています。
 放課後子どもプラン事業の策定や安全管理方策、活動プログラムの企画などの調整及び検討などを職務としています。

コーディネーターの配置

 小学校区ごとに放課後子どもプランの円滑な実施と放課後対策の総合的な調整役として、地域、学校、家庭及び事業を連絡・調整するコーディネーターを配置しています。

地域推進体制の整備

 地域社会が協働で放課後対策を推進するため、小学校区ごとに、放課後子どもプラン実行委員会を設置します。

放課後子ども教室の開催

 安心・安全な子どもの活動拠点(居場所)を設け、地域住民の参画により、勉強、スポーツ、文化活動及び地域住民との交流を行ないます。
 地域の小学生を対象とし、公民館等の公共施設を利用しています。

合宿通学事業の開催

 子どもたちが親元を離れ、地域の大人たちの指導のもと、共同生活や体験活動を行い、家庭の大切さを認識し、子ども同士、地域の大人たちとの交流を深めます。
 地域の小学生3、4年生を対象とし、開催期間は3泊4日または4泊5日としています。

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:教育委員会事務局 生涯学習課    生涯学習課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3977 ファックス: 0778-22-9174
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: gakusyuu@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)