文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

越前市競技力向上プロジェクト(基本的プログラム)

更新日 2015年3月3日 情報発信元:スポーツ課

基本的プログラム

 選手や指導者育成を「フィジカル」「栄養・食習慣」「メンタル」の3つの柱を中心に、全6回の講習会を実施します。

第6回基本的プログラム「ジュニア年代のメンタルトレーニング」を開催しました

メンタルチラシ   募集チラシはこちら(PDF形式:229KB)

  日 時 : 2月21日(土曜日)午後2時から4時
  場 所 : 生涯学習センター 5階 講堂
  講 師 : 石黒 由美子 氏  (シンクロナイズドスイミング 北京オリンピック代表)
         東 俊介 氏    (ハンドボール 元日本代表キャプテン)
         式田 高義 氏   (サッカー 元Jリーグ選手)
         法師人 美佳 氏 (サッカー 元日本女子代表)
  内 容 : 講演及びパネルディスカッション

 シンクロナイズドスイミング北京オリンピック代表の石黒由美子さんをはじめ、4名の方にお越しいただき「ジュニア年代のメンタルトレーニング」と題して講演及びパネルディスカッションを開催しました。

 第1部では、ハンドボール元日本代表キャプテンの東俊介さん、石黒由美子さんにご自身の体験を基にご講演いただきました。
 東さんからは、ハンドボール日本代表の選考から一度は外れたものの、練習を休まず続けたこと、また、その後代表として選ばれた経験を基に、あきらめないことの大切さ、人を思いやることの大切さをお話しいただきました。
 また、石黒さんからは、小学生の時に遭遇した事故を乗り越え、夢をかなえるために実践したこと(夢ノート)、また、家族の支えによって競技を続けられたことなどを分かりやすくお話しいただきました。

H27メンタル写真1東さん H26メンタル写真2石黒さん

 第2部は、元Jリーグ選手の式田高義さん、元サッカー日本女子代表の法師人美佳さんを交え、パネルディスカッション形式で開催し、会場の皆さんからの質問に答えていただきました。
 会場からは、保護者として、指導者として、子どもたちへのかかわり方に関する質問が相次いで出され、講師の方はそれぞれ指導者としても活躍されていることから、競技者として、指導者として、また保護者としてそれぞれの立場から答えていただき、大変参考になる内容でした。

 講習会後のアンケートでは「トップクラスの選手でも子どものころから上手にできたわけではなく、努力の結果ということが参考になった」「今日の講演に参加できたことは、自分にとってすごくプラスになった」「“努力はウソをつかない“などの言葉が心に染みた」「夢ノートを親子一緒に始めてみたい」などの声が寄せられています。

H26メンタル写真3パネルディスカッション H26メンタル写真4パネルディスカッション

 >>>市長ブログ 

第5回基本的プログラム「フィジカルアップ講習会」を開催しました

フィジカルチラシ  募集チラシはこちら(PDF形式:426KB)

  日時 : 平成26年11月24日(月曜日・振替休日)午後3時から4時45分
  場所 : 丹南総合公園体育館(越前市余田町50-4-1)
  講師 : 木場克己 氏(スポーツトレーナー)

  体幹トレーニングの第一人者として、サッカー日本代表の長友選手やなでしこジャパンの大儀見選手をはじめとしたトップアスリートを指導されている木場克己氏をお招きし、特に小中学生を対象に体幹トレーニングの講習会を開催しました。

 木場先生がトレーナーとして指導しているプロのアスリートや、今講習会の対象と同じ小学生へのトレーニングの様子など、映像を交えて丁寧に説明していただきました。
 体幹とは何かに始まり、どこに意識してトレーニングをしたら効果的か、ブレない体づくりの方法など、実技も取り入れた内容でした。
 また、フィジカル面だけでなく、試合前のミーティングの様子を見せていただき、メンタル面もパフォーマンスアップには必要であることや、トレーニング後の食事のとり方など、総合的に説明していただきました。

 講習会後のアンケートでは、「基本的なトレーニングの重要性を再認識した」「意識してトレーニングするだけで効果が大きく違ってくることが認識できた」「プロのアスリートも実践しているトレーニング内容が学べてよかった」「簡単にできるトレーニングで、練習に取り入れていきたい」など、体幹トレーニングをすぐにも実践したいとの声が多く見られました。

 フィジカル写真1 フィジカル写真2

第4回基本的プログラム「ジュニア年代のからだと食事」を開催しました

食チラシ  募集チラシはこちら(PDF形式:57KB)

  日時 : 平成26年8月7日(木曜日)午後7時から9時
  場所 : 越前市文化センター 小ホール
  講師 : 小澤智子 氏
         株式会社タニタ 開発部生体科学化 管理栄養士

 昨年度の第2回基本的プログラムでもご講演いただいた『タニタの社員食堂』でおなじみの「タニタ」から、管理栄養士の小澤智子氏をお迎えして講習会を開催しました。

 前半は、昨年の内容を踏まえ、食事をとる上でのポイントを示し、食物がもつそれぞれの特性から、バランスよく食事をとることの大切さを教えていただきました。
 後半では、実際のスポーツ選手の食事内容と普段の自分たちの食事内容を見比べながら、どのようなものを摂取するとスポーツ選手にはよいのか、またこれらの違いは何かについて、聴衆参加型でご講演いただきました。
 その他、熱中症対策や成長期の選手が貧血になりやすい問題についての対策や、試合前と試合後で食べた方が良いもの、またそれらを食べる時間も選手の体作りには大きく影響することなど多岐にわたってご説明いただきました。

 講演後の質疑応答では、質問が途切れることなく続き、参加者の関心の高さが伺えました。
 また、「昨年に引き続きとてもわかりやすい説明でよかった」「熱中症対策など大変参考になった」「わかりやすい説明で、一緒に参加した子どもも食事の仕方に興味をもちはじめている」などの声が届いています。

食写真1 食写真2
 

第3回基本的プログラム「ジュニア年代のメンタル・パネルディスカッション」を開催しました

  日時 : 平成26年2月14日(金)午後7時から
  場所 : 越前市文化センター 小ホール
  パネラー : 萩原 智子 氏(水泳選手)
          江口 晃生 氏(競艇選手)
          安永 聡太郎 氏(元Jリーグ選手)
          式田 高義 氏(元Jリーグ選手)

 募集チラシはこちら(PDF形式:117KB)
 

 

 今回は、日本サッカー協会の福士さんにコーディネーター(司会)をお任せし、パネルディスカッションを行いました。
 「練習へのモチベーション」「試合へのモチベーション」「ケガした時のこころの整え方」「競技継続のモチベーション」の4つのテーマでお話を進めていきました。

 今回は、事前アンケートを読ませてもらって、それぞれのテーマで2名ずつ、小学生・中学生に前へ出てもらいました。
 みなさんとても緊張していましたが、ご協力いただきまして、どうもありがとうございました。

H25メンタル写真1 H25メンタル写真3
 

講師のみなさんのお話から 

 「〇〇〇の選手になる」という目標をさらにつっこんで「いつまでに〇〇〇を達成する」というように「目標を明確にすること」の大切さや、それをコツコツ積み重ねていくこと。
 子どもが考える前にあれこれ大人がやらないようにという「察しの悪い大人になりましょう」という言葉。
 ほめずに怒ってばかりいると「怒られない努力」をする人間になってくる。子どもたちはほめて伸ばしましょうということ。
 1つの失敗について、子どもたちに怒りがちだが、そうではなく、失敗が起こる前やさらに前の事実から、「ここまではがんばったね。けど、ここがもう少しだったから次回がんばろう」といった見方ができるように。

 などなど、ご自身の経験に基づくお話をたくさんしていただきました。
 最後に、講師の萩原さん、江口さん、安永さん、式田さん、そしてコーディネーターの福士さん、どうもありがとうございました。

ここで一つエピソード

 客席からは見えなかったかもしれないのですが、江口さんは、他のパネラーの方の話を途中でメモをとってらっしゃいました。
 後から伺ったところ、「私も後輩の指導をしているので、参考になります」とのお言葉。
 日ごろから、さまざまなことを吸収しようとされているそうです。
 選手としても、人としても素晴らしい方だと改めて感じるできごとでした。

H25メンタル写真4  H25メンタル写真6

第2回基本的プログラム「ジュニア年代の栄養と食習慣」を開催しました

  日時 : 平成25年11月15日(金)午後7時から
  場所 : 越前市文化センター 小ホール
  講師 : 株式会社タニタ 開発部生体科学課 管理栄養士 小澤智子氏

  募集チラシはこちら(PDF形式:103KB)
 

 株式会社タニタの管理栄養士である小澤智子さんをお迎えし講習会を開催しました。小澤さんは、パワーポイントを使いながら、「主食・主菜・副菜・乳製品・くだもの」の5種類をなぜ一緒にとらなければいけないか説明して下さったり、食品の写真を見せて、子どもたちに5種類のうち、何が足りないか質問したり、途中にクイズがあったりと、とても楽しい内容でした。

 最後の方には、「5種類とれる昼食・夕食を作ろう!」ということで、2チームにステージにあがってもらい模擬トレーニング等も織り込んでいただきました。
 小澤さんのご厚意で「えっちゃんのまごころごはん」から1品目は「紅しきぶトマト入りミートソース」「豚汁」をそれぞれ使った献立を子どもたちが考えていきました。
 チームで相談しながら、献立を考える子どもたち。
 ちゃんと2チームとも5種類バランスよくそろった献立になっていました!

 小澤さんは講習会終了後も、受付のところまで出てきてくださり、参加者の方の質問に答えて下さいました。

 参加者の方からは、「子どもたちが実際に参加して栄養について学んでいたのでよかったです」
 「毎日の食事のとり方について大変勉強になりました」などの声が届いています。

H25食写真2 H25食写真3

第1回基本的プログラム「ジュニア年代の体づくり」を開催しました

  日時 : 平成25年7月4日(木)午後7時から
  場所 : 越前市文化センター 中ホール
  講師 : 早川 直樹 氏
        (JFAフィジカルフィットネスプロジェクト、アスレティックトレーナー)

 募集チラシはこちら(PDF形式:110KB)
 

 サッカー日本代表のコンディショニングコーチである早川直樹氏を講師に、講習会を行いました。
 市内スポーツ少年団を中心に市外からの方も含め、約200名のご参加をいただきました。

 前半は、パワーポイントを使った講義で、ジュニアには成長の段階があり、それにより効果があるトレーニングが変わってくることなどをわかりやすく教えていただきました。
 後半は、小学生や中学生にステージに上がってもらいコーディネーショントレーニングの実技を行いました。コーディネーショントレーニングは、少しできないことをできるようにしていくというのがポイントだそうです。また腕立て伏せなどは、正しい姿勢でやらなければ意味はなく、正しい姿勢でその子ができる回数だけやることが大事だというお話でした。

 参加者の方からは、「理論に基づいて話してくださったのでわかりやすかった」「子どもたちが楽しみながらトレーニングできる内容を知れたのでよかった」などの声が届いています。
 

H25フィジカル写真1 H25フィジカル写真3
 

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:教育委員会事務局 スポーツ課    スポーツ課トップページへ戻る

電話: 0778-22-7463 ファックス: 0778-22-7497
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: sport@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)