就学援助制度について

最終更新日 2016年4月4日

情報発信元 教育振興課

PAGE-ID:4077

小学生・中学生の保護者のみなさんへ

就学援助制度とは

経済的理由により就学が困難な児童生徒の保護者に対し、就学に必要な学用品費や学校給食費などを市町村が援助する制度です。

対象となるご家庭

越前市に在住している方で、下記のいずれかに該当する方が対象です。
1 市民税が非課税または均等割りのみ課税されている世帯に属する方 (所得割非課税世帯)
2 児童扶養手当を受給している方
3 教育委員会が必要と認めた方

援助の内容

学用品費、通学用品費(1年生以外)、校外活動費(宿泊を伴わないもの)、校外活用費(宿泊を伴うもの)、新入学児童生徒学用品費等(1年生のみ)、修学旅行費、学校給食費
(注)学用品費、通学用品費(1年生以外)、校外活動費(宿泊を伴わないもの)、校外活用費(宿泊を伴うもの)、新入学児童生徒学用品費等(1年生のみ)は上限が有ります。
(注)修学旅行費は参加者が均一に負担する経費、学校給食費は実費を支給します。

申請から支給までの手続き

(毎年申請が必要です。詳しくは、在籍する小学校・中学校にご相談ください。)
1 希望される保護者の方は、申請書に必要事項をご記入いただき、必要書類を添付して、
児童・生徒の在籍する小学校・中学校へ提出してください。
(注)申請は1年を通して随時可能ですが、4月中旬頃を当初申請の締切としています。
2 申請書は、学校長を経由し教育委員会に提出され、教育委員会で援助の可否を認定します。
3 保護者の方は、援助費の請求を学校長に委任します。
4 学校長から教育委員会に援助費を請求し、教育委員会は援助費を学期末毎に3回に分けて、 保護者の指定した口座へ振込みます。

就学援助費受給申請書

その他

年度途中で就学援助費の受給資格を喪失した場合は「資格喪失届」の提出が必要です。
(例):再婚や世帯収入の増加で、児童扶養手当が支給停止となったとき
(注)受給資格が喪失しているにもかかわらず、資格喪失届を提出せずに就学援助費を受給し続けたことが発覚した場合、
過去5年間に遡って返納していただくことになりますので、ご注意ください。

情報発信元

教育委員会事務局 教育振興課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)