文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

受益者負担金(分担金)とはどういうものですか。

更新日 2013年4月1日 情報発信元:下水道課

回答

  下水道は市民の皆さんにとって重要な施設ですが、公園や道路とは違い、下水道が整備された地域の人だけしか利用できません。
  このため、下水道の整備によってその利益を受ける方(受益者)に建設費の一部を負担していただくための制度です。
  家久処理区においては、負担金の額は対象となる土地1m2につき384円ですが、一度負担していただいた土地に対して、再度
 負担していただくことはありません。
  東部及び今立処理区においては、分担金の額は公共ます一箇所あたり30万円です。

情報配信元:建設部 下水道課    下水道課トップページへ戻る

電話: 0778-22-7922 ファックス: 0778-22-9139
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: gesuidou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)