文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

越前市まちなか住宅取得支援事業補助金制度

更新日 2017年6月13日 情報発信元:建築住宅課

   まちなか(中心市街地活性化区域内)で自ら居住するための住宅を建築、購入する人に取得費用の一部を補助します。

    ※ 希望される方は、必ず工事契約前にご相談ください。
       書類による申込前に契約・工事着手した場合は、補助対象となりませんのでご注意ください。

 

対象要件

   以下の要件を全て満たしていることが必要です。  

   国又は地方公共団体の補助制度との併用はできません。
   (越前市住宅用地等購入資金利子補給制度を除く)
    

 ・ 対象住宅の所有者になること
        (共有名義にする場合、持ち分が1/2以上であること)
 ・ 対象住宅に生活の本拠を置き、定住する意思があること
 ・ 平成30年3月15日までに所有権保存登記が完了し、居住を開始していること
 ・ 対象住宅の延べ床面積が40㎡以上であること
    (兼用住宅である場合は、住宅部分が半分以上又は住宅部分の延べ床面積が40㎡以上あること)
 ・ 対象住宅は台所、風呂、便所を設けていること
 ・ 対象住宅が昭和56年5月31日以前に建築されている場合、耐震性を有していること
 ・ 対象住宅の取得に対する対価を支払っていること
    (2親等以内の親族からの取得、相続・贈与等による取得、移転補償による取得を除く)
 ・ 過去にこの補助金を受けていないこと
 ・ 市税に滞納がないこと

補助金額

  

       ( 取得費用 - 対象外経費 ) × 1/10 = 補助金額 (上限 100万円)

             

 対象外経費
 ・ 土地の取得費
 ・ 既存建物 及び 工作物 の解体撤去費
 ・ 敷地造成、門、塀、その他の外構工事費
 ・ 造り付け以外の家具、家電製品、その他備品の購入及び移転費用
 ・ 申請年度前の支出
 ・ その他市長が不適当と認める経費

申請方法 及び 補助金に係る流れ

申込期限   新築住宅を建築する場合        平成29年12月25日まで
          建売住宅・中古住宅を購入する場合 平成30年 3月15日まで
    ※ 予算額に達した場合は、上記期限より早く申込を締め切ることがあります。

新築住宅を建築する場合  (交付までの流れ

申込書 (word / PDF )
 

          添付書類

              ・ 付近見取り図、配置図、各階平面図及び立面図
               ・ 建具表(建具の取付位置の内訳が分かるもの)
              ・ 工事費見積書の写し(施工業者の押印があるもの)
              ・ 事業費内訳書(補助対象事業費の内訳がわかるもの)

 建売住宅・中古住宅を購入する場合 (交付までの流れ

申請書  (word / PDF )
 
          添付書類

              ・ 付近見取り図、配置図、各階平面図及び立面図
              ・ 売買契約書の写し
              ・ 事業費内訳書(補助対象事業費の内訳がわかるもの)
              ・ 当該住宅の写真
              ・ 当該住宅が耐震性を有することを証明する書類
                  (昭和56年5月31日以前に建築されている場合)
              ・ 身分証明書の写し
 

 

さらにお得な併用制度!!

 

     空き家を解体し、住宅を建築する予定の人          →   空き家解体支援事業
公有地を購入して借入金により住宅を建築する人      →   住宅用地等購入資金利子補給金

 

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:建設部 建築住宅課住宅政策推進室    住宅政策推進室トップページへ戻る

電話: 0778-22-3074 ファックス: 0778-22-3067
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: kenchiku@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)