越前市公共施設屋根貸しによる太陽光発電設備普及事業

最終更新日 2017年2月27日

情報発信元 環境政策課

PAGE-ID:4916

越前市では、固定価格買取制度を積極的に活用し、太陽光発電の導入を促進するため、降雪量の多い日本海側では初めてとなる「市公共施設の屋根貸し」による太陽光発電普及事業を平成24年度より実施しています。これまでに事業者を選定した6施設については、全ての事業者が発電事業を開始し、想定発電量を上回る順調なスタートを切っています。

発電事業概要
施設名 事業者

モジュール容量(キロワット)

備考
吉野小学校屋内運動場 中西木材・カネイチ特定協同企業体 49.9キロワット

発電開始時期:平成25年4月

(開始1年間の売電量:約56,000キロワットアワー)

越前市広瀬勤労者研修センター (有)ユー・エヌ・オー 27.0キロワット

発電開始時期:平成25年5月

(開始1年間の売電量:約28,300キロワットアワー)

武生南小学校屋内運動場 (有)ユー・エヌ・オー 48.6キロワット

発電開始時期:平成25年6月

白崎地区農業集落排水処理施設 株式会社中央設計技術研究所 39.6キロワット

発電開始時期:平成25年8月

下記よりリアルタイムに発電状況を確認できます。

http://www.cser.co.jp/topics/index01.html

越前市水循環センター 田中建設株式会社 28.5キロワット 発電開始時期:平成25年8月
武生第一中学校屋内運動場 中西木材・カネイチ特定協同企業体 49.5キロワット

発電開始時期:平成26年3月

参加事業者公募要項

平成24年公募要項(PDF形式:43キロバイト)

平成25年公募要項(PDF形式:45キロバイト)

情報発信元

産業環境部 環境政策課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)