全国都市のサステナブル度調査結果について

最終更新日 2011年12月27日

情報発信元 環境政策課

PAGE-ID:4450

第3回全国都市のサステナブル度調査結果について

日本経済新聞社が実施している「全国都市のサステナブル度調査」の結果が公表されました。

「サステナブル」とは「持続可能な」という意味で、特に、地球環境に多大な負荷なく持続可能な状態であるさまをいいます。 

サステナブル度調査とは、「環境保全度」、「社会安定度」、「経済豊かさ度」の3つの側面から90の項目について、都市のサステナブル度(持続可能性)を測るものです。2007年度、2009年度に続き、今回は3回目の調査となりました。

この調査に参加した全国630都市の中で、越前市は総合評価で全国49位となり、前回調査(2009年度)時の498位から大きく躍進しました。

今後も引き続き、環境への負荷の少ない持続的発展が可能なまちづくりを目指します。

総合評価 全国 49位 (前回498位)
・人口5万人から10万人都市では 6位(前回176位)
・地方都市圏では 7位(前回279位)
(注)地方都市圏とは首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)、中京圏(愛知、岐阜、三重)、
近畿圏(京都、大阪、奈良、兵庫)以外の道県

情報発信元

産業環境部 環境政策課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)