生ごみリサイクルを実践してみましょう!

最終更新日 2021年3月18日

情報発信元 環境政策課

PAGE-ID:3321

家庭から排出されるごみが増えています

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、新しい生活様式の実践が始まっています。そのため、自宅で調理する機会が増え、結果として特に「燃やせるごみ」に含まれる「生ごみ」が増えています。

調理くずや食べ残しといった生ごみは、堆肥化することで生ごみ削減につながります。

この機会に、生ごみリサイクルに取り組んでみましょう!

生ごみリサイクルを推進しています

私たちの生活の中で必ず出る生ごみ。そのままごみ箱へ捨てていませんか?生ごみはごみ全体の約4割を占めています。
生ごみは水分が多いため、焼却時に多くのエネルギーを使いますが、ちょっとした工夫で花や野菜を育てる堆肥に生まれ変わります。
また、生ごみをリサイクルすることは、近年問題化している「食品ロス」への対策にもつながります。

家庭から出る生ごみを減らし、資源として有効活用するために、手軽に家庭で取り組める生ごみリサイクルを実践してみましょう。

コンポスト、ぼかし容器などの購入に奨励金を交付しています。

制度について詳しくはこちら↓

生ごみ処理器設置奨励金制度

コンポストぼかし容器

情報発信元

産業環境部 環境政策課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)