金属類・電気製品は拠点回収へ

最終更新日 2019年4月3日

情報発信元 環境政策課

PAGE-ID:5700

金属類・電気製品は拠点回収へ

金属類や電気製品には有用な金属が多く含まれています。

資源の有効利用と安定した回収体制を構築するために、市では、「金属類・電気製品」の拠点回収を実施しています。

金属類・家電製品の写真

拠点回収の実施について

【回収日】 年10回 毎月第1日曜日(1月と2月を除く)

(平成31年)4月7日

(令和元年)5月5日、6月2日、7月7日、8月4日、9月1日、10月6日、11月3日、12月1日

(令和2年)3月1日

【時間】 午前9時から午後3時まで

【場所】 南越清掃組合第1清掃センター(日野川沿いのカラフルな煙突を目印に)

【料金】 無料

拠点回収写真1

拠点回収の回収品目について

拠点回収に出せるもの

・金属類

主に鉄、アルミ、銅、真鍮などの金属類を原材料として製造されたもの

やかん、フライパンなどの金属製の生活用品、自転車、石油ストーブなど

・電気製品(一般家庭用電気機器)

電子レンジ、電気ストーブ、ファンヒーター、電話機、ゲーム機、パソコン など

  • 電池、バッテリー、蛍光灯、灯油等は、あらかじめ取り除いて出してください。
  • 家電リサイクル製品(テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機、衣類乾燥機)は搬入できません。
  • パソコンや携帯電話などの個人情報は、必ず消去してから出してください。
  • 家庭で使用するパソコンの出し方
拠点回収に出せないもの

・電池類、バッテリー類

スマホやパソコンなどのモバイルバッテリーを含む

・リサイクル家電製品

テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機

・木製・布製電気製品

こたつ、電気カーペット、電気毛布など

・産業廃棄物(農業資材を含む)

事業所から排出される金属類・家電製品、農業資材、農機具など

・有害物

プロパンガスボンベ、スプレー缶、ライター、マッチ、着火剤、火薬類、油類

毒劇物、薬品類など

・水銀含有品

蛍光灯、水銀灯、水銀体温計、水銀温度計、水銀血圧計など

・処理困難物

廃タイヤ、スプリングマット、消火器、鉄骨、コンクリート片など

・その他金属類、電気製品以外のもの

金属微粉、廃プラスチック微粉、トナーカートリッジ

臭気及び残留物の残っている一斗缶・ドラム缶などの容器類

可燃ごみ、不燃ごみ、梱包していた袋、段ボール箱など

小型家電回収ボックスもご利用ください

縦15センチ・横25センチの投入口に入る使用済み小型家電については、回収ボックスによる回収も行っています。

回収ボックスは図書館や各公民館、ハーツたけふに設置してあります。

詳しくは、使用済み小型家電のリサイクルのページをご参照ください。

小型家電回収ボックス

場所情報

南越清掃組合 第1清掃センター

関連カテゴリ

    情報発信元

    産業環境部 環境政策課

    受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)