環境支援 電気自動車の導入を推進しています

最終更新日 2018年12月7日

情報発信元 環境政策課

PAGE-ID:3357

電気自動車の普及を推進しています。

越前市では、電気自動車の普及を推進しています。

越前市の1世帯あたりの自動車台数が全国トップクラスですので、ガソリン車から電気自動車に転換することで、大気汚染(走行中に排気ガスを出さない)、地球温暖化、省エネルギーなどに大きく貢献することができます。

越前市では電気自動車を公用車として平成21年10月に導入し、普段の業務に使用するとともに、地域のイベントなどで試乗会を開催し、電気自動車を体感していただいています。これまでの試乗会や出前講座で、約760名の方に試乗または同乗していただいています。

試乗会

越前市電気自動車導入促進事業補助金

越前市では県内自治体で初めて導入に対し補助制度を設けています。

詳しくは次の市ホームページ「電気自動車を導入される方に補助金を交付します」をご確認ください。

電気自動車の特徴

・走行中に排気ガスを全く出さない。

・CO2(二酸化炭素)の排出量が少ない ガソリン車と比べると1月3日以下。

・石油を使う量が少ない 省資源(石油はあと40年でなくなると言われています。)

・走行にかかる費用が安い(深夜電力を使うとガソリン車の約1月8日)

・静かで快適である。

・充電施設が少なく、ガソリンスタンドのように充電施設の普及が必要です。

今日から始めようエコドライブ

電気自動車はちょっと高くて購入できない、そういった方でもエコドライブでガソリンの消費を抑えることができます。

情報発信元

産業環境部 環境政策課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)