文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

歴史・文化

更新日 2017年2月3日 情報発信元:商業・観光振興課

越前市の歴史・文化ゆかりの地をご紹介します。
より詳しい歴史については越前市の歴史年表をご覧ください。

国府関係

奈良時代に国府が置かれ、越前国の政治・経済・文化の中心として栄えました 。

国分寺

国分寺の写真
奈良時代の天平13年(741年)聖武天皇の勅願により諸国の国府に国分寺が建立されました。
創建当時の場所は確定されていませんが、広大な敷地に立派な建物が甍をつらねていたと思われます。
大虫廃寺跡を国分寺跡とする説もあります。
【所在地】京町一丁目6-2
【電話番号】0778-22-3088

御霊神社

御霊神社の写真
祭神は桓武天皇の皇子、崇道天皇(早良親王)。政争に巻きこまれ、いわれなく死に追いやられた
早良親王のたたりをおそれ霊を鎮めるために、全国の国司に御霊神社の建立の詔勅が出されました。
総社、国分寺と同じように御霊神社があるのは、その地に国府があった証拠だといわれています。
【所在地】本多一丁目3

総社大神宮

総社大神宮の写真
市街地のほぼ中央に位置する総社大神宮。古代に国司は、各社の神々を勧請して総社を建立し、
総社に詣でることによって、各社の巡拝に替えたといわれています。
春の「おはいごさん」、夏の「茅の輪くぐり」、秋の「総社まつり」などの祭礼には多くの参拝客が訪れます。
拝殿は入母屋造りのいずれも銅板葺きで、国府の社の風格が感じられます。
【所在地】京町一丁目4-35
【電話番号】0778-22-1127

府中三人衆関係

織田信長は越前を天下統一の重要拠点として前田利家・不破光治・佐々成政を越前に配置しました。

小丸城跡

小丸城跡の写真
佐々成政によって築城された城跡で、県の指定文化財。築城の年代や城主の在城期間は明らかではありませんが、
成政が越前府中に配置された天正3年(1575年)から天正9年(1581年)の越中移封までの間と考えられています。
【所在地】五分市町

宝円寺

宝円寺の写真
嘉慶2年(1388年)正祖禅師が創建した曹洞宗の寺院で、天正年間に府中三人衆の一人であった前田利家が
この寺を保護しました。前田利家はその後、能登に次いで加賀百万石を領し、金沢にも宝円寺を創建しました。
墓地には前田利家の両親の供養塔があります。
【所在地】高瀬一丁目27-4
【電話番号】0778-22-1645

龍門寺

龍門寺の写真
龍門寺の創建は、正安元年(1299年)と伝えられています。その後築城され、天正元年(1573年)の朝倉攻め、
同3年(1575年)の一向一揆殲滅の本陣として織田信長が使いました。
天正3年より府中三人衆の一人不破光治の居城となり、同16年(1588年)城跡に曹洞宗龍門寺が再建されました。
現在でも堀や土塁の跡を見ることができます。
【所在地】本町9-5
【電話番号】0778-22-2215

府中城跡

府中城跡の写真
府中城は前田利家が越前府中に着任した際に築城したもので、現在の越前市役所一帯が跡地として定められています。
また、築城の際に利家が城の敷地内に総社大神宮の土地が入り込んでしまうことを恐れて、
北西300メートルの現在の場所に移したと言われています。
賤ヶ岳の合戦で敗走した柴田勝家を追ってきた羽柴秀吉を迎えた城としても知られています。
【所在地】府中一丁目(越前市役所)

府中藩主 本多富正関係

福井藩主 結城秀康の付家老 本多富正は府中藩主となり、都市整備や産業の発展に力をいれ現在の越前市の基礎を築きました。

龍泉寺

龍泉寺の写真
1368年、通幻寂霊(つうげんじゃくれい)が開いた曹洞宗寺院。
江戸時代には府中領主・本多家の菩提寺となり、本多家歴代の墓があります。
また、徳川家康・秀忠・結城秀康像などの指定文化財を有しています。
【所在地】越前市深草一丁目10-3
【電話】0778-22-4586

本保陣屋跡

本保陣屋跡の写真
江戸時代の越前市域には本多家が治める府中領をはじめ、幕府の直轄地や他藩の領地が複雑に入り交じっていました。
同じように越前には、直轄地や私領が混在していました。そういった歴史を今に伝えているのが本保陣屋跡です。
【所在地】本保町

正覚寺

正覚寺の写真
南北朝期に越前守護斯波高経がここに新善光寺城を築き、1338年新田義貞に攻められ消失しました。
1366年、その城跡に良如は乱で戦死した数千人の霊を弔うため浄土宗の寺院を建立しました。
また、ここの山門は江戸時代の本多家の居城・府中城の表門を移築したものです。
【住所】越前市京町二丁目1-8
【電話】0778-22-1319 

その他

その他の歴史・文化ゆかりの地です。

引接寺

引接寺の写真
戦国時代の1448年、天台真盛宗の開祖真盛(しんせい)により天台真盛宗別格本山が草創されました。
山門の豪華さは市内に例を見ず、鯉の滝登りの小脇彫や欄干の羅漢などの彫刻が見事です。
境内には戦国時代の石仏や江戸時代末の石大仏、福井警察部庁舎(明治32年建築)を移築改修された丈生幼稚園があります。
【住所】越前市京町三丁目3-5
【電話】0778-22-0442

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:産業環境部 商業・観光振興課    商業・観光振興課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3007 ファックス: 0778-21-0032
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: kankou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)