文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

ツキノワグマの特徴

更新日 2014年3月31日 情報発信元:農林整備課

生態

  • 食性

雑食性であるが、植物食への依存度が非常に高い。
秋にドングリを大量に食べ脂肪を貯え冬眠に備える。
6月から9月には山に食べ物が少ないため農業被害が発生しやすい。

  • 活動

昼夜を問わず活動するが、朝夕の薄暗い時間帯に盛んに活動している。
ただし、人間との関わりがある場所では主に夜間に活動する。
12月頃から4月頃まで冬眠する。

特徴

  • 体色は黒く胸の白い月の輪の模様が特徴。
  • 全長100から150センチメートル
  • 体重40から130キログラム程度
  • 相対的にオスの方が大型。
  • 視力は良くないが、聴力は非常に優れている。
  • 嗅覚が鋭く、人の気配も識別できる。

鳥獣被害の対策について
クマと遭遇しないために
クマから身を守るために

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:産業環境部 農林整備課    農林整備課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3008 ファックス: 0778-23-9907
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: nourinseibi@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)