文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

秋のクマにご注意下さい

更新日 2014年10月28日 情報発信元:農林整備課

実りの秋、食欲の秋…。クマは、冬眠を前に餌を求めて活発に活動します。県内の山はクマの生息地ですから、どこの山でもクマと出遭う可能性があります。
市内でも、目撃情報やクマの痕跡の情報が相次いでいます。十分にご注意下さい。

クマと遭わないために

  • 山菜などを探すときも、周囲に十分警戒する。
  • 木の洞(ほら)や竪穴には近づかない(クマが潜んでいる場合があります)。
  • ラジオを鳴らしたり大声を出したりして歩く。
  • ゴミや食べ残しは持ち帰る(味を覚えると里に誘引する原因になります)。

クマに遭ってしまったら

  • クマを興奮させないよう、騒がずゆっくり離れる。
  • 子グマであっても決して近づかない。
  • 襲われた場合は地面に伏せ、頭と首を守る。

 

山麓付近の集落での注意点

  • 家の周りに生ゴミ等を捨てない、置かない(誘引する原因になります)。
  • ガソリン等揮発性の液体は、家や車庫内に置かない(クマが好む匂いです)。

 なお、目撃情報などは、直ちに市役所または最寄りの警察署へ連絡してください。

   農林振興課 22-3008

   越前警察署 24-0110

 →ツキノワグマの特徴

 →クマから身を守るために

 

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:産業環境部 農林整備課    農林整備課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3008 ファックス: 0778-23-9907
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: nourinseibi@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)