文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

カラスの特徴

更新日 2014年3月31日 情報発信元:農林整備課

生態

  • 生活環境

繁殖期は市街地や林にある高い木や人工物に巣を作り、つがいで暮らします。
それ以外の時期は、数百羽以上が集まり、林などにねぐらを作ります。

  • 活動

夜明け前から夕方まで活動し、夜間はねぐらで眠ります。

  • 食性

カラスは雑食性で何でも食べますが、種類により若干異なります。
例えば、ハシボソガラスは農作物を好んで食べる。

  • 繁殖

3から5個の卵を産み、20日程度で孵化します。
繁殖期は春から夏の間。
カラスには天敵がいない為、生んだ卵が全て孵化し、増加の一途を辿っています。

特徴

  • 町や山村で見かけるカラスは、主にハシブトガラスとハシボソガラスの2種。
  • 子育て中のカラスは神経質で、巣に近づくものを激しく威嚇・攻撃します。
  • カラスは頭が良く、記憶力も高い為、同じ対策を続けても効果が無くなっていきます。
  • カラスの視力は人間よりも優れています。


鳥獣被害の対策について
被害防止の方法・対策

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:産業環境部 農林整備課    農林整備課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3008 ファックス: 0778-23-9907
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: nourinseibi@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)