アライグマの特徴

最終更新日 2014年3月31日

情報発信元 農林整備課

PAGE-ID:3292

生態

  • 生活環境

森林、湿地、農耕地、市街地など幅広い環境に生息する。

  • 活動

夜行性。稀に昼間でも活動することがある。

  • 食性

雑食性で、果実・野菜・穀類、小型哺乳類・鳥類・両生類・爬虫類・魚類・昆虫その他小動物全般を菜食する。

  • 繁殖

年1回。春に3頭から6頭の子を産む。
繁殖場所は人家の屋根裏など。

特長

  • 耳は大きく、白い縁取りがある。
  • 白いヒゲが生えている。 
  • 毛色は茶色から灰色まで個体差がある。
  • 指が長く、5本指の足跡。
  • 尾の黒いシマシマ模様(5段から7段)。
  • 尾が短い。
  • 体重は4キログラムから10キログラム。
  • 学習能力が高く手先が器用なため、柵を越えたり、木から畑へ侵入したりします。
  • 成獣になると力が強くなる。
  • ワナにかかった直後は気が荒くなることがあるため、注意が必要。

    PDFファイル中獣類の見分け方(PDF形式:197キロバイト)

鳥獣被害の対策について
被害防止の方法・対策

情報発信元

産業環境部 農林整備課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)