菖蒲谷町の野外コウノトリの卵がふ化しないと推定されました。

最終更新日 2019年4月28日

情報発信元 農政課

PAGE-ID:8557

菖蒲谷町 野外コウノトリの卵がふ化しないと推定されました。

越前市菖蒲谷町の野外コウノトリについて、3月10日以降に産卵に至っていましたが、孵化しないと推定されました。

 

1 孵化しないと推定されたペア

オス:J0481 2013年生 朝来市出身 愛称「みほと」

メス:J0119 2014年生 越前市出身 愛称「ゆめちゃん」

 

2 推定に至った経緯

4月27日時点で親鳥がヒナに餌を吐き戻す行動など、孵化したとみられる親鳥の行動が確認されていないことから、福井県が「兵庫県立コウノトリの郷公園」及び「コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(Inter-institutional Panel on Population Management of the Oriental White Stork 略称:IPPM-OWS)域内保全作業部会」と協議し判断しました。

 

※安養寺町ではJ0138(たからくん オス)とJ0132(メス)のペアが抱卵を続けています。有精卵であれば5月中旬ころに孵化の予定です。

情報発信元

産業環境部 農政課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)