兵庫県豊岡市から3個の有精卵が移送されました。

最終更新日 2016年5月26日

情報発信元 農政課

PAGE-ID:7013

抱卵中の飼育コウノトリへの有精卵の托卵について

平成28年5月25日(水曜日)、兵庫県豊岡市のコウノトリの郷公園から3個の有精卵が移送されました。

現在、有精卵は飼育施設内の孵卵機に入れられており、今後、「ふっくん」と「さっちゃん」の巣に托卵されます。

飼育されているコウノトリのうち、メスの「さっちゃん」は、4月6日から15日にかけて5個の卵を産卵しましたが

4月28日に行われた有精卵か無精卵を見分ける検卵の結果、全てが無精卵であることが分かったため

5個の卵を全て回収し、偽卵(木製の卵の形をしたもの)を抱かせていました。

情報発信元

産業環境部 農政課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)