文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

越前市食と農の創造ビジョンの第2次基本計画及び第3期実践プログラム

更新日 2017年6月22日 情報発信元:農政課

 食と農の創造ビジョンの趣旨

 現在、農業は、農業者の高齢化や担い手不足、農産物価格の低迷や農地の荒廃など、極めて厳しい状況にあります。また、食に

ついても、食品偽装や食品添加物など、私たちの食を取り巻く様々な問題が発生し、食の安全・安心への関心が高まっています。

 このような背景から、食と農のつながりを再度見直し、農業の活性化と食の安全を確保するため、概ね10年前後の本市の食と農の

あるべき姿を「越前市食と農の創造ビジョン」に示しました。

 

食と農の創造ビジョンの体系図

体系図

基本構想の概要

 基本構想は、本市の農業の活性化を図るために「目指す食と農のすがた」とその実現のために基本的な方向性を示すものです。期間は、平成22年度から31年度までの10年間とします。

基本計画の概要

  この第2次基本計画は、第1次計画期間の成果と課題を踏まえ、平成27年度からの5年間の、本市農業の発展と食と農のつながりを示す計画です。 また、第1次計画と同様に、各種施策の推進や達成状況の確認、進捗状況の把握のため数値目標を掲げ、基本構想の実現を図るものとします。

実践プログラムの位置付け

  実践プログラムは、基本構想で示された目指すすがたと基本計画で定めた施策を効果的に実行していくために策定するもので、主な事業を示すものです。期間は、平成27年度からの3年間を第3期実践プログラム、平成30年度からの2年間を第4期実践プログラムとします。

 

食と農の創造ビジョンの計画期間

 スケジュール

食と農の創造ビジョンと創造条例

 

  基本構想    基本計画第2次    実践プログラムH27  実践プログラムH28計画    

   食と農の創造条例

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:産業環境部 農政課    農政課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3009 ファックス: 0778-23-9907
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: nousei@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)