JA越前たけふ職員対象に「ごはん塾」講演会を開催しました

最終更新日 2013年12月19日

情報発信元 農政課

PAGE-ID:5592

JA越前たけふ職員対象に「ごはん塾」講演会を開催しました

12月14日 土曜日 午後1時30分から 農協会館において、神戸大学名誉教授 保田先生による講演会を開催し、JA越前たけふ職員44名が熱心に受講しました

コウノトリが舞う里づくり推進事業の一環として実施している公開講座「ごはん塾」の講演会を、JA越前たけふ職員対象に実施することで、取組みへの理解を深めて、普及啓発を図ってもらうことを目的に開催しました。

演題 「食生活と農業・自然―福井県の未来を考える」

 講演会では、ごはん食の大切さについて、わかりやすいお話があり、病気と食生活とのかかわりについて、とても為になるお話をお聞

きすることができ、ごはん食の普及には大変良いお話であったという意見が聞かれました。

          保田先生講演風景                          講演会場風景

保田先生    講演会風景

ごはん塾とは?

食への感謝を育む心を養い、「食」の大切さを学ぶとともに、今後の食生活のあり方や、農業の役割などについて考え、ごはん食のすばらしさや食生活習慣の大切さを再認識するために、開催するものです。

情報発信元

産業環境部 農政課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)