コウノトリ「たからくん」と「さきちゃん」が放鳥されました。

最終更新日 2016年9月26日

情報発信元 農政課

PAGE-ID:7210

坂口地区でコウノトリが放鳥されました。

9月25日坂口地区湯谷町で、国の特別天然記念物コウノトリ2羽が放鳥されました。

放鳥されたのは、今年誕生した2羽の幼鳥でオスJ0138(愛称:たからくん)とメスのJ0139(愛称:さきちゃん)です。

放鳥式典は、坂口地区にある越前市エコビレッジ交流センター駐車場で行われ、福井県知事や越前市長などが挨拶を行いました。

式典が行われた後、福井県知事、越前市長、コウノトリの郷公園園長及び地元の子供たちなどの参加によりテープカットが行われ「さきちゃん」は元気よく箱から出て飛び立ちました。

少し遅れて「たからくん」も箱から出て、しばらく辺りの様子をうかがった後、飛び立ちました。

さきちゃん

放鳥箱の扉が開いた瞬間、箱から勢いよく飛び出す「さきちゃん」

たからくん

箱から出てしばらく周辺の様子をうかがう「たからくん」

2羽のコウノトリには位置情報を送信する装置がつけられており、行動が追跡できるようになっています。

放鳥終了後、コウノトリの定着を願って放鳥場所付近の休耕田ビオトープに坂口小学校と白山小学校児童がドジョウを放流しました。

ドジョウ放流

奈良市長と共にドジョウの放流を行う地元の子供たち

本市でのコウノトリの放鳥は昨年の10月3日土曜日に行われた、「げんきくん」と「ゆめちゃん」に引き続き2例目となります。

情報発信元

産業環境部 農政課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)