日野川環境整備協議会

最終更新日 2018年12月13日

情報発信元 農政課

PAGE-ID:7188

日野川環境整備協議会取組み活動 

1.漁業の概要

日野川環境整備協議会の主な構成員は、日野川漁業協同組合に所属しています。日野川漁業協同組合の主要な漁業は、アユを中心にヤマメ・イワナ等の漁業であり、年間を通して遊漁証を販売し、釣り人の拡充をめざし環境整備を努めています。主要な漁法は、竿釣りがほとんどでですが、他に投網などがあります。

2.活動組織の運営

(1)活動組織の発足年月日 平成25年7月26日

(2)構成員の数と形態 構成員 290名

(内訳:漁業者119名、漁業者以外171名) 平成26年1月末現在

3.環境保全活動範囲 日野川流域 (越前市・鯖江市・南越前町) 活動範囲

4.環境保全活動

日野川環境整備協議会では、環境保全に大きな影響を及ぼす内水面の生態系の維持・保全・改善(草刈りや清掃活動)の活動と、モニタリング調査を実施

(1)河川除草活動

活動参加者集合写真(越前市)河川除草(越前市)平成30年6月17日 活動場所(越前市ほか)

活動参加者集合写真(越前市)河川除草(越前市)平成29年7月23日 活動場所(越前市ほか)

毎年7月には、イベント「そうだ川へいこう」を開催しており、河川会場周辺の除草、ゴミ拾いをしております。

この河川清掃活動は、以前、日野川河川(越前市、南越前町)でクマが出没した周辺においても除草活動を継続的に行っております。

(2)釣りによるモニタリング

調査時期 9月上旬

調査場所 鮎の魚影を10か所で調査 (鯖江市1箇所、越前市3箇所、南越前町6箇所)

モニタリング範囲

調査方法 1箇所1名の調査員が、2時間友釣りにより調査 魚影調査集計表 平成28年から

調査写真 1,2,3,4,5,6,7,8,9,10

平成28年度調査員,平成29年度調査員,平成30年度調査員

(3) 投網、タモ網によるモニタリング

調査時期 6月上旬

調査場所 松ヶ鼻頭首工下流

調査内容 調査員10名が投網、タモ網で2時間、魚を捕獲し魚種を調査

魚種調査結果表平成28年から

平成28年に行った調査で珍しいアカザが捕獲されました。 アカザ(絶滅危惧2)

平成30年に行った調査では、大型のサクラマスが多く捕獲されました。サクラマス50センチメートル越え イシガメも

 

添付ファイル

閲覧ソフト Acrobat Reader DC新しいウインドウが開きます

情報発信元

産業環境部 農政課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)