文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

コウノトリの雛の孵化が確認されました。

更新日 2014年6月14日 情報発信元:農政課

白山地区でコウノトリの雛が2羽孵化しました。

6月6日金曜日に兵庫県から移送された、コウノトリの有精卵3個のうち2個について雛の孵化が確認されました。

3個の有精卵は、6月10日月曜日に親鳥の巣に投入され、親鳥が温めていました。

6月13日金曜日の夕方6時30分ごろ親鳥が巣から卵の殻のようなものを捨てている様子が監視カメラに記録されたことから

雛の孵化した可能性が高まったため、6月14日土曜日の朝に飼育員が巣の中を確認し、2羽のヒナの孵化を確認しました。

 から   殻

 卵の殻を排除するオスの「ふっくん」(写真:福井県提供)    巣の中で孵化が確認された2羽の雛(福井県提供)

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:産業環境部 農政課    農政課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3009 ファックス: 0778-23-9907
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: nousei@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)