コウノトリイメージキャラクターと「コウノトリが舞う里づくり」イメージデザイン 審査結果発表

最終更新日 2012年7月20日

情報発信元 農政課

PAGE-ID:4285

越前市では、平成23年3月に「コウノトリが舞う里づくり構想」を策定しました。この構想は、本市に縁のあるコウノトリを生物多様性や自然再生のシンボルとして位置づけ、里地里山の自然環境と生物多様性の保全再生を行い、持続可能な社会づくりを通じて、「生きものと共生する越前市」を目指すものです。
この度、当市では、さらに取組みを加速させ、コウノトリが舞う里づくり推進事業への理解と協力を得て、広く市民に親しみを持ってもらうことを目的に、イメージキャラクター及び「生きものと共生する越前市」を明るくイメージしたデザインをセットで募集いたしました。
最年少は19歳から最年長は84歳まで、全国各地から総勢42名、47作品のご応募いただきました。選考の結果、最優秀賞1点、優秀賞1点、佳作10点を決定いたしました。最優秀作品に決定したキャラクターは、市内で広く活用していく予定です。
たくさんのご応募ありがとうございました。

審査結果

最優秀賞

大阪府 前田 昌克 様

最優秀賞最優秀賞デザイン

キャラクター説明

「コウノトリ」が「赤ちゃんを運ぶ姿」をモチーフに、様々な年齢の人にも親しみやすいキャラクターを表現しました。キャラクターの基本ポーズ(正面)は、胸に市章を飾り、越前市を示しながら、市の将来に向かって果敢に歩む姿を象徴しています。

デザイン説明

里地、里山の緑と川や空、生息する鳥や虫をモチーフに、恵まれた自然環境を総合的に表現しながら、生物多様性の保全再生のイメージを表現しました。また、デザインの中心には、市の木と花である「サクラ」と「菊」で自然の美しさを示しながら、生きものと共生する「越前市」を象徴しています。

最優秀賞作品に関しましては、広く活用することで「コウノトリが舞う里づくり」を推進するとともに、本市を広く全国に紹介する一助になれば、と考えます。そのために、このキャラクター等を使用する際の注意事項をまとめました。この要領にもとづいて活用していただけますようお願いします。

コウノトリキャラクター・デザインの使用基準

優秀賞

埼玉県 小寺 陽子 様

優秀賞 キャラクター優秀賞デザイン

佳作

神奈川県 山本 聰 様

千葉県 伊藤 うちゅぷ 様

兵庫県 本山 清数 様

東京都 柳井 真弓 様

広島県 山下 智之 様

群馬県 宮川 ヒロミ 様

大分県 峰 美晴 様

奈良県 大村 泰久 様

福井県 ウルル 様

静岡県 高柳 順子 様

情報発信元

産業環境部 農政課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)