文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

平成27年度 越前ネクストクラフト 商品開発支援事業

更新日 2016年4月8日 情報発信元:産業政策課

越前ネクストクラフト 商品開発支援事業 

越前市の伝統工芸である「越前箪笥(指物)」の事業者が、越前市出身の工業デザイナーからデザイン面などのアドバイスを受けながら、新商品開発等に取り組みます。

背景

越前箪笥は、平成25年に国の伝統的工芸品の指定を受け、産地として今後さらなる活性化に向けて取り組んでおられます。
(越前箪笥についてはこちら

越前市が策定した「越前市工芸の里構想」でも掲げているとおり、産地の技術を生かし、市場のニーズにあった商品およびブランド等の開発に取り組む機運が高まっています。
(越前市工芸の里構想についてはこちら

そこで、新商品等の開発に取り組む事業者がデザイナーのアドバイスを受けることで、事業者の意欲ある商品開発等が促進され、将来的な産地の活性に寄与することが期待されます。
今回、越前指物組合から推薦のあった5つの事業者がこの事業に参加し、商品開発に取り組みます。

アドバイザー

渡辺 弘明氏(株式会社プレーン 代表/越前市出身)

  • 多くのプロダクトデザインを手がけるほか、グッドデザイン賞の審査委員を務める
  • 平成26年度 越前市工芸の里構想策定会議の委員を務める

事業の進捗

アドバイザーと事業者によるキックオフミーティング

  • 日時:平成27年7月6日(月曜日)  会場:越前市生涯学習センター 

kickoffmtg

試作品完成報告会

  • 日時:平成28年2月18日(木曜日) 会場:越前市福祉健康センター

release01release02

 

事業者の皆さんが、渡辺氏のデザイン監修を受けて開発に取り組んだ新商品開発の試作品が完成し、奈良・越前市長、城戸・越前市議会議長に完成を報告されました。

昨年7月から全8回に渡る打合せと試作品製作を重ねて完成した試作品は、デザインに越前箪笥の組立に用いられる伝統的な技術である「ほぞ接ぎ(釘等を使わずに木同士を接ぐ方法)」が生かされ、現代の生活空間にマッチするデザイン性と実用性を持つ全5種類のラインナップを展開しています。

今後事業者の皆さんは、さらなるブラッシュアップに取り組まれ、産地のPRにも繋がるよう商品化を目指していく予定です。

県内外各地での試作品展示 

福井県大阪事務所での展示
  • 期間:平成28年3月3日(木曜日)~4日(金曜日)
  • 場所:福井県大阪事務所(大阪市中央区瓦町2丁目2-14)

osaka

当日は、製作に携わった事業者さんが店頭に立ち、「かんな削り体験」を交え、新商品と越前箪笥、産地である越前市のPRを行いました。

越前市まちなかプラザでの展示
  • 期間:平成28年3月18日(金曜日)~4月9日(土曜日)
  • 場所:越前市まちなかプラザ(越前市蓬莱町3-1 開館時間:10時~18時 期間内無休)

machinaka01machinaka02

まちなかプラザのブログでも紹介されています。

今後の展開

今後事業者の皆さんは、商品化に向けて取り組んでいく予定です。

 

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:産業環境部 産業政策課    産業政策課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3047 ファックス: 0778-22-5167
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: syoukou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)