紙の文化博物館 特別展「踊る古代文字」開催中(産業政策課トピックス)

最終更新日 2019年4月19日

情報発信元 産業政策課

PAGE-ID:6855

紙の文化博物館 特別展「踊る古代文字」開催中(平成31年4月19日)

「これは絵なの?字なの?!」

古代中国で使われていた漢字に取り組んでいる書作家、日野子雲氏の作品は、動きがあって踊っているよう。時に不思議でユーモラスな古代文字の自由な世界を、日野氏は越前和紙に表現しています。古典に軸足を置きながら、どこまでも自由で軽快な文字表現の世界となっています。
また福井は漢字研究の大家故白川静博士の出身地です。博士の漢字研究の世界「白川文字学」の紹介もいたします。あわせてお楽しみください。
会期 平成31年4月19日(金曜日)から6月3日(月曜日)まで
開館時間 午前9時30分から午後5時まで (入館は午後4時30分まで)
入館料 大人300円、団体(15名以上)200円 高校生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方は割引あり(注)卯立の工芸館との共通料金
会場 越前市越前和紙の里 紙の文化博物館 2階展示室

詳しくはこちら

展示ケース展示室風景 雷
扇面扇面いろいろ

 

全国でもわずか数人のマグロ包丁職人がテレビで紹介されます(平成31年2月28日)

全国でもわずか数人のマグロ包丁職人が、2月28日(木曜日)にテレビで紹介されます!みなさま、ご覧ください!

 

2月28日(木曜日)午後6時14分ごろ~ 福井テレビ(地上波8チャンネル)

「先端設備等導入計画」説明会を開催しました(平成31年2月25日)

sentan190225

2月25日(月曜日)武生商工会館にて、越前市、鯖江市、並びに両市の商工団体による共催で、「先端設備等導入計画」説明会を開催しました。
※先端設備等導入計画の申請については、こちらをご参照ください。

支援機関を含め36名の方にご参加いただき、近畿経済産業局による制度の説明、並びにポリテクセンターによる生産性向上人材育成制度の紹介、両市の企業支援制度の紹介をお聞きいただきました。

越前和紙の産地がテレビで紹介されます(平成31年2月21日)

2月23日(土曜日)、24日(日曜日)に、2日連続でテレビに越前和紙の産地「五箇地区」が紹介されます!みなさま、お楽しみに!!

 

2月23日(土曜日) 午後6時00分~午後6時55分

BSトゥエルビ(BS12チャンネル)
ダイドードリンコスペシャル 日本の祭り ♯308 壱千三百年大祭・御神忌
昨年、紙の神様を祀る岡太神社・大瀧神社の創建千三百年を記念する大祭が盛大に執り行われました。その様子が紹介されます。

 

2月24日(日曜日) 午前8時00分~午前8時25分

NHK総合(全国放送) 
小さな旅「紙漉(す)く女神の里~福井県 越前市~」
越前和紙の産地である越前市の五箇地区の伝統文化を残そうと奮闘する女性の紙漉き職人が紹介されます。

 

小さな旅
(↑ 小さな旅の収録の様子、紙の文化博物館でも撮影が行われました。)

女性のための再就職セミナーin越前市が開催されました(平成31年2月15日)

jyosei-saishushoku

2月15日、ハート・フル・たけふ(越前市福祉健康センター)にて「女性のための再就職セミナーin越前市」が開催されました。(主催:公益財団法人 ふくい女性財団 )
再就職を考えている女性34名にご参加いただきました。

セミナーでは、ファイナンシャルプランナーによる講話や職務経歴書の作成アドバイス等が行われ、ハローワークたけふや、ポリテクセンター福井などの各支援機関からも説明がありました。
越前市からは、就職支援に関する制度紹介や、昨年12月に設立された「越前市輝く女性活躍応援団」の説明を行いました。

紙の文化博物館 1階「生活提案コーナー」へぜひおいで下さい

生活提案

「越前和紙って有名だけど、どんな風に使ったらいいのかわからない!」
そんな方に、紙の文化博物館1階の「生活提案コーナー」をぜひ見ていただきたいです。

カードや名刺に使う厚手のしっかりした和紙を「局紙」といいます。この局紙を使って、他とは一味違ったインテリア小物や名刺を作ってみませんか?
和紙の名刺を実際に使っている人は、字体や色使いはどんな風にしている?
そのサンプルをここではいくつかご紹介しています。

スマホで撮った写真も「フォト和紙」に印刷すると、なぜか奥行きのある空気感が出て、いい感じに。市販のフレームに入れて飾ったり、ピンチで吊ってもお洒落です。

写真の奥で飛んでいる?!ペーパークラフトの恐竜も局紙でできているんですよ。

2階展示室では、明治時代に「局紙」が誕生したいきさつや、万国博覧会で受賞した時の賞状なども展示中です。いまどきの局紙の使い方とその歴史を、両方一度に楽しんでいただければ幸いです!

2月14日(木曜日)早朝2時から5時_JR武生駅の公衆無線LANが停止します

設備メンテナンスに伴い、JR武生駅の公衆無線LANが、2月14日(木曜日)早朝2時から5時までの間停止します。

ご理解のほどよろしくお願いします。

2月25日(月曜日)「先端設備等導入計画」説明会を開催します(平成31年2月8日)

310225

来る2月25日(月曜日)13時30分から、塚町の武生商工会館にて、「先端設備等導入計画」説明会を開催します。設備投資をお考えの中小・小規模企業者の方、ぜひご参加ください。

お申込み、お問合せは産業政策課(22-3047)までお寄せください。

詳しくはこちらをご覧ください。 

出雲市産業政策課の皆様が来庁されました (平成31年1月31日)

izumo

去る1月31日、島根県出雲市役所から産業政策課の皆様が来庁され、企業誘致や雇用対策など両市の産業振興策について、幅広く意見交換を行いました。

高校生が越前市のモノづくり企業を見学しました。(12月18日・25日開催)

12月18日(火曜日)、武生工業高校の高校2年生が職場見学バスツアーに参加しました。

武生工業高校2年生121名が4コースに分かれ、市内製造業8社から1コース2社ずつを見学しました。

参加企業8社:株式会社ホクコン、中西木材株式会社、中央電機株式会社、サンエー電機株式会社、日信化学工業株式会社、ナカヤ化学産業株式会社、倉茂電工株式会社、北陸リトレッド株式会社

1218kengaku2

就職活動を行う前に市内企業をよく知ってもらい、長く安心して就職いただくための支援として、越前市とハローワークたけふ、武生商工会議所が連携して開催いたしました。

※今年度の職場見学バスツアーは、7月に武生商業高校でも開催いたしました。

 

また、12月25日(火曜日)には市外高校に通う高校生が市内のモノづくり企業を見学しました。

市外高校に通う高校2年生を主な対象に県内各地から生徒26名及び保護者が参加しました。

市内製造業9社を3コースに分け、希望のコース(1コースあたり3社)を見学しました。

参加企業9社:株式会社ふじや食品、株式会社福井村田製作所、ヒット工業株式会社、キョーセー株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社、アシックスアパレル工業株式会社、株式会社TOP、信越化学工業株式会社、小野谷機工株式会社

1215kengaku

市外の高校生にも越前市のモノづくり企業を身近に感じていただき、就職先の選択に活かしてもらうことと、市内企業の雇用確保を応援しています。

「かな書道」ワークショップに参加しませんか(平成30年11月24・25日)

卯立の工芸館にて、書道のワークショップが行われます!

今、紙の文化博物館と卯立の工芸館で、「装飾料紙」をテーマにした展覧会を開催中です。

「装飾料紙って何…?」 と思われる方にちょっと解説しますと、「美しい色や模様をつけた紙」という意味なんですが、平安時代の貴婦人達もこんな紙に和歌をしたためていたのかしら・・・と思われる優雅な紙を、越前和紙の職人さん達が復活させたのです。

そんなみやびな気分にひたれる展示をみながら、ワークショップに参加してみませんか♪

日時 平成30年11月24日(土曜日) 講師:玉村紅花 先生、 25日(日曜日) 講師:田中暁月 先生

場所 卯立の工芸館

時間はいずれも午後1時半から午後3時半、参加費は無料です(入館料300円は必要です)。

講師の先生はお二人とも県内で活躍する書家の先生です!このワークショップでは、装飾料紙をつかって、かな書道に挑戦します。

年賀状の季節に向けてきれいな字を書けるようになりたい、紫式部になった気分を味わいたい(?)・・・などと思っている方、どうぞお気軽にご参加ください!!

書道チラシ

お問合せ・申込先は、紙の文化博物館(電話:0778-42-0016、メールアドレス:museum@echizenwashi.jp) まで。

越前打刃物がテレビ、ラジオで放送されます!!(平成30年11月8日)

11月9日(金曜日)にNHK総合テレビ、11月21日(水曜日)にラジオ第一、NHK-FMで越前打刃物が紹介されます!みなさま、お楽しみに!!

  • NHK総合テレビ(福井県域での放送)

番組名 ニュースザウルスふくい ザウルスライブ(生中継)
放送日時 11月9日(金曜日)午後6時30分から(10分程度)
場所 有限会社清水刃物
内容 マグロ包丁製作過程の職人技を紹介します。

  • ラジオ第一、NHK-FM(全国生放送)

番組名 旅ラジ!
放送日時 11月21日(水曜日)午後0時30分から午後0時55分
場所 刃物の里(越前打刃物振興施設)
内容 「越前打刃物を後世に」をテーマに、職人達にインタビューを行い刃物の文化継承の取り組みを紹介します。

ワークショップ「料紙をつくって、文字を書いてみよう」の参加者募集中!

平成30年11月10日(土曜日)に越前和紙の里卯立の工芸館で行なわれる「料紙をつくって、文字を書いてみよう」の参加者を募集しています。書家の小谷寛幸先生と、本格的だけど簡単に、かな文字を学びながら楽しい作品をつくります。大人の方も小さなお子様も楽しめますので、ぜひご参加ください!

ワークショップ

お問合せ・申込先紙の文化博物館(電話:0778-42-0016、メールアドレス:museum@echizenwashi.jp)

だるまちゃん広場イルミネーション~光のさんぽみち~点灯しました!(平成30年10月26日)

aisatu1
奈良市長あいさつ
aisatu2
ご来賓いただいた皆様

 

川崎悟司議長、安立産業建設委員長、砂田産業建設副委員長

信越化学工業株式会社武生工場 事務部 福井真二部長

株式会社福井村田製作所 管理部 畑尾直哉部長

アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社 総務部 東野惣一郎部長

ごはんカフェはぐもぐ 三谷商事 レストラン部 荒井辰則部長

aisatu3
福井部長あいさつ
tentou
点灯は、参加してくれた子どもたちといっしょに~♪ スイッチオン!!

 

irumi

点灯したイルミネーション(スターバックスコーヒー前エリア)

12月25日まで点灯しますので、皆様ぜひ「だるまちゃん広場イルミネーション~光のさんぽみち~」を見に来てくださいませ!

だるまちゃん広場イルミネーション~光のさんぽみち~ 開催(平成30年10月25日)

da1

この事業は、越前市と地方創生に関する包括的連携協定を締結しています信越化学工業株式会社、株式会社福井村田製作所、アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社が連携して取り組んでいます。

今年初めての事業です。5色のLEDに彩られた夜のだるまちゃん広場に是非お越しください!

楮(和紙の原料)の刈取り皮はぎと紙漉き体験の参加者募集中(平成30年10月10日)

平成30年12月2日(日曜日)に行なわれる「楮の刈取り皮はぎと紙漉き体験」の参加者を募集しています。和紙の原料の加工ができる滅多にない機会です。みなさんぜひご参加ください。

kouzo

お問合せ先 福井県和紙工業協同組合(電話:0778-43-0875、ファクス:0778-43-1142)

福井国体歓迎和紙オブジェ「集まる形」(平成30年10月2日)

集まる形1
集まる形3
集まる形2

 

国体会場、AW-Iスポーツアリーナに福井国体歓迎和紙オブジェ「集まる形」を設置しています。
このオブジェは、越前和紙の里「五箇」地区の紙漉き・建具職人を含む有志が製作しました。福井国体を彩るため、越前市の伝統的工芸品である、越前和紙を用いて作り上げています。(越前和紙は1,500年の伝統)

47都道府県を意味する「4」と「7」の数字の形をベースにした枠で、福井県の形を表す四角形と三角形を作り、福井に全国から選手が集まる国体をイメージしました。また、宙に浮かぶ三角形は「水仙(福井県の花)」、球体は「恐竜の卵(福井県は恐竜博物館で有名)」と「調和」、四角形は「越前市で行われる6競技」と「多様性」を表現しています。
会場でぜひご覧ください。

越前市PR応援商品を登録しました!(平成30年10月1日)

写真1
写真1

豊かな自然環境を有し、歴史と文化が残るモノづくりのまち「越前市」から全国に向け販売される商品に、ロゴマークを貼って越前市のPRや販売促進に繋げていただく「越前市PR応援商品」。
今回、垣内産業株式会社の軽量コンパクトモダン仏壇「和紙壇」を登録しました。
登録商品は「えちぜんモノづくりNET」の商品紹介ページで公開しています。ぜひご覧ください。
http://echizen-mono.jp/

吹き流しで国体会場を飾り付けました。(平成30年10月1日)

国体吹き流し

越前和紙七夕吹き流しが皆さんを国体会場(AW-Iスポーツアリーナ)でお待ちしています。
観戦の折には、吹き流しもお楽しみください。

紙の文化博物館特別展「山口マオ原画展」関連イベントにぜひご参加ください!(平成30年9月12日)

現在、紙の文化博物館で開催中の特別展「山口マオ原画展」。その関連イベントが続々と開催されます。山口マオさんと実際に触れ合う貴重な機会もあるので、みなさんぜひご参加ください。

よみきかせ1
ボランティアによるよみきかせの会の様子
よみきかせ2

山口マオさんによる木版画ワークショップ

平成30年9月22日(土曜日)

  • 時間:午前10時から午後4時(1時間休憩あり)
  • 場所:岡本公民館(越前市定友町10-2-2) ※パピルス館から変更となりました
  • 定員:20人
  • 対象:小学校4年生以上
  • 参加費:1,000円
  • お申込み:紙の文化博物館にお電話にてお申込みください。
  • お問合せ:電話:0778-42-0016

山口マオさん講演とよみきかせの会

平成30年9月23日(日曜日)

  • 時間:午後1時半から3時
  • 場所:卯立の工芸館 1階座敷
  • 参加費:無料(別途入館料が必要です)
  • お申込み:不要

ボランティアによるよみきかせの会

平成30年9月15日(土曜日)、16日(日曜日)、29日(土曜日)、30日(日曜日)

  • 時間:いずれも午後1時半から、3時半からの2回開催
  • 場所:紙の文化博物館 2階展示室前ホール
  • 参加費:無料(別途入館料が必要です)
  • お申込み:不要

紙の文化博物館 別館企画展

  • 「和紙折染展 友記乃の不思議な世界 2018」
    平成30年9月21日(金曜日)から10月29日(月曜日)

チアダン コラボ~越前市産品を展示中!(平成30年8月29日)

gya1
gya2
gya3
tiadan1

土屋太鳳主演ドラマ「チアダン」とコラボレーションした越前市内企業の商品を、市役所本庁舎1階玄関ロビーに展示中!

  1. 国府印刷社:ロゴ入りノート(価格税別250円)
  2. 武生製麺:半生越前そば (3人前900円)
  3. ギャレックス:衣装提供(G-6067シリーズ&GF-7089Fシリーズ):越前市観光・匠の技案内所にも展示中!

その他にも、ドラマの中で、越前市内企業の商品が多数登場しています。見つけてみてください!

展示期間:平成30年10月9日まで(予定)

紙博史上もっともポップな展覧会?!(紙の文化博物館特別展「山口マオ原画展」)

わにわにのおでかけ「わにわにのおでかけ」表紙原画

かわいい? それともコワイ?!

リアルなわにがふつうのお宅で楽しく暮らす絵本『わにわに』シリーズでおなじみ、絵本作家・イラストレーター山口マオさんの展覧会がもうすぐはじまります!!(会期:9月5日から10月8日)

マオさんは作品には越前和紙をご愛用下さっています。

マオさんの名前は知らなくとも、「わにわに知ってる!」という子どもたちはたくさんいるはず。

展示室展示作業中の展示室

おなじみの絵本の原画がたくさんです。

しかし!コワイようなかわいいような・・・マオさんらしい不思議な魅力にあふれたオブジェや、大判の作品も展示します。

とけいマオ猫が描かれたいろいろなオブジェ

展示期間中、いろいろなイベントも開催しますのでそちらもどうぞお楽しみに。

マオさんの絵本大好きな子ども達も、アートを楽しみたい大人達も、どうぞ紙の文化博物館にあそびに来てください!!

千年未来工藝祭 盛況のうち閉幕しました(平成30年8月27日)

sennen

8月25日(土曜日)から26日(日曜日)に開催された「千年未来工藝祭」は、盛況のうち閉幕しました。ご来場いただいた方、ありがとうございました。
作り手と使い手が繋がり、未来へモノづくりの魅力が継承されていくきっかけとなるイベントであったことを願ってやみません。

刃物の里(越前打刃物振興施設)本日オープン(平成30年8月24日)

式典
製作実演
千代鶴刀

 

刃物の里が本日オープンしました。オープンを記念し、現代の名工、清水正治伝統工芸士にマグロ包丁の迫力ある製作実演をしていただきました。
これからも、刃物の里では、たくさんの企画イベントがあるのでお越しください。
詳しくはこちら(企画イベントの日以外でも、刃物や工房を見学することができます。(午前9時から午後5時開館。見学無料。火曜定休))
関連イベント
武生公会堂記念館では、刃物の里オープンに合わせ、越前打刃物の祖、刀匠千代鶴国安の作と伝わる刀、「刀銘国安(越前市指定文化財)」が展示されています。こちらにもぜひお越しください。(午前10時から午後6時開館(入館は午後5時30分まで)無料。月曜定休(祝日は開館)。9月17日まで)

8月25日、26日 ‐ECHIZEN-千年未来工藝祭 開催迫る!(平成30年8月23日)

表
裏

 

伝統工芸をはじめとした作り手とユーザーが交流する場として開催されるイベント「千年未来工藝祭」が8月25日、26日に近づいてきました。
ナイトマーケットをイメージした空間で、市内外から90を超える作り手が集結し、子どもから大人まで様々なモノづくりを堪能できる2日間です。
メキシコ料理やフランス料理、福井の日本酒やクラフトビールなど、人気のキッチンカーも集まります。(入場無料)

期間中、武生中央公園では「だるまちゃん広場であそぼ」や福祉フェスタも開催されますので、会場周辺で思う存分お楽しみください。

8月25日(土曜日)午後2時から8時(ナイトマーケット)
8月26日(日曜日)午前10時から午後4時

会場:越前市AW-Iスポーツアリーナ

企業見学会 ~リケメン・リケジョ応援プロジェクト~ を開催致しました!(平成30年8月6日)

kengaku
kengaku

 

8月6日(月曜日)に、理系の高校2年生を主な対象に、企業見学会を開催致しました。
信越化学工業株式会社、株式会社福井村田製作所、アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社を訪問し、生産、研究開発現場の見学や先輩社員との座談会を行いました。

この見学会をとおし、地元で働くこと、モノづくりに携われることの魅力を肌で感じ、将来の進路を考える機会となりました。

越前市産業政策課は、高校生のモノづくりへの興味、関心を高め、越前市の魅力と越前市の企業を紹介する取組みを行っています。

7月28日(土曜日)、29日(日曜日)に「おもしろフェスタinサンドーム福井2018」が開催されます!(サンドーム福井)(平成30年7月27日)

san1
san2

 

越前市PRブースにて、皆様のお越しをお待ちしております!

どじょうすくいもあるよ♪(100円/回)もれなくコウノトリのトレーディングカードを差し上げます。

8月25日(土曜日)、26日(日曜日)に「-ECHIZEN-千年未来工藝祭」が開催されます!(越前市AW-Iスポーツアリーナ)(平成30年7月6日)

key

8月25日(土曜日)、26日(日曜日)に越前市AW-Iスポーツアリーナで「千年未来工藝祭」が開催されます。
伝統工芸を中心に、クラフトやアート、フード&ドリンク、ファッションなど様々な分野の作り手が大集結。
ナイトマーケットの雰囲気の中、至極の逸品の展示、物販、ワークショップなど、作り手との交流を通して、モノづくりを思う存分楽しめる2日間です。是非お越しください。(入場無料)

8月25日(土曜日)午後2時から午後8時(ナイトマーケット)
8月26日(日曜日)午前10時から午後4時

9月5日(水曜日)から開催される「山口マオ原画展」準備中(紙の文化博物館特別展)(平成30年6月27日)

さかな
わにわに

 

9月5日(水曜日)から10月8日(月曜日・祝日)までの期間で開催される「山口マオ原画展」の準備のため、職員が出品候補作品の確認のため千葉県南房総市にある山口マオ氏のギャラリーへ行ってきました。ギャラリーの近くはすぐ海であり、潮風漂う場所でした。
山口マオ氏は、絵本「わにわに」シリーズが有名で、絵本作家としてよく知られています。ですが、それ以外にも大きな越前和紙で描かれたオリジナル作品や立体的なものなどさまざまな作品があります。
どのような楽しい展示になるでしょうか!?
いくつかイベントも企画しているので、どうぞお楽しみに!

6月13日(水曜日)~「横山大観と越前和紙」開催(紙の文化博物館常設展)(平成30年6月11日)

taikan_nasu

本年は日本画壇に大きな足跡を残した画家 横山大観 の生誕150年、没後60年
大観は大正時代に、越前和紙の職人と協力して、新しい時代の日本画用紙を作り上げました。
その業績をたたえて、大観と越前和紙の交流を示すゆかりの資料を展示します。
横山大観作品4点(越前和紙を使用)「月明」、「初冬」、「茄子」、「朝陽」
横山大観書簡6通(交流の様子が分かる書簡)その他
注目

  1. 岡大紙(おかだいし)(岩野平三郎製紙所製作、越前市蔵)も展示。和紙の多様性、大きさ、丈夫さを体感することができる。
  2. 横山大観仕様の岩野平三郎製紙所の紙を触ることができる。日本画用の和紙を触れる貴重な機会
  • 会期:平成30年6月13日(水曜日)から7月16日(月曜日・祝日)
  • 休館日:毎週火曜日
  • 会場:紙の文化博物館 2階展示室(越前市新在家町11‐12)
  • 開館時間:午前9時30分から午後5時(入館は4時30分まで)
  • 入館料(卯立の工芸館との共通料金):大人200円、団体(15人以上)150円、高校生以下無料
    障がい者手帳等をお持ちの方は100円

丹南CATVで「紙の文化博物館特別展 大瀧神社の至宝」が取り上げられます。(平成30年5月11日)

3005

丹南ケーブルテレビ(9チャンネル)ニュース&トピックス たん9(前半部分)で「紙の文化博物館特別展 大瀧神社の至宝」が取り上げられます。
ぜひご覧ください。
丹南ケーブルテレビ(9チャンネル) 12日(土曜日)から18日(金曜日)の毎日4回放送 8時から、13時から、17時から、22時から

ダイドードリンコ「日本の祭り」で、1300年大祭が放送されます!

日本の祭り

「紙祖神岡太神社・大瀧神社壱千参百年大祭・御神忌」が、ダイドードリンコが今年応援する祭りに認定され、ドキュメンタリー番組として5月20日(日曜日)午後3時からFBC福井放送で紹介されます。

ポーランドで越前和紙の展覧会が開催されます!

ポーランド展覧会市長報告

ポーランドのポズナン国立博物館学芸員 ヨアンナ・ココッチさんと、市内写真家 畑勝浩さんから、2020年春に日本文化を紹介するポーランド唯一の国立機関「日本美術・技術博物館マンガ」で、越前和紙展覧会の開催決定報告を受けました。

越前市PR応援商品を登録しました! 平成30年5月8日


豊かな自然環境を有し、歴史と文化が残るモノづくりのまち「越前市」から全国に向け販売される商品に、
ロゴマークを貼って越前市のPRや販売促進に繋げていただく 「越前市PR応援商品」。
今回、山耕株式会社さんのランドセル「ダイナソーランドセル」を登録しました。
登録商品は「えちぜんモノづくりNET」の商品紹介ページで公開しています。ぜひご覧ください。
http://echizen-mono.jp/

4月25日(水曜日)9時から12時停止_JR武生駅公衆無線LAN

電力メーターの交換作業に伴い、JR武生駅公衆無線LANが、4月25日(水曜日)9時から12時までの間(予定)停止します。

ご理解のほどよろしくお願いします。

 
 

 

 

産業政策課トピックスバックナンバー

情報発信元

産業環境部 産業政策課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)